Patch Notes

MLB The Show 20 アップデート 1.06 パッチノート

Advertisement

MLB The Show 20 アップデート 1.06がPS4プレイヤー向けにリリースされました。公式 MLB The Show 20 アプデ 1.06パッチノートによると、最新のアップデートには、ゲームプレイのさまざまな変更、調整、バグ修正が追加されています。これとは別に、MLB The Show 20パッチ1.06には安定性の改善も含まれています。

以前、マイナーアップデートがリリースされ、Diamond Dynasty、Guess Pitchオプション、HOME RUNなどに関連するいくつかの問題が修正されました。残念ながら、多くのプレイヤーはまだゲームでいくつかの問題を経験しています。今日のMLB The Show 20バージョン1.06では、これらの問題のいくつかが修正される予定です。以下の詳細を確認してください。

MLB The Show 20 アップデート 1.06 パッチノート

ゲームで:

Advertisement

ディープヒットボールがOF壁の下と壁を通り抜けてバウンドし、グラウンドルールが2倍になるというまれな問題を修正しました。また、ボールがその場でHR壁を通過する可能性がある1つの発生を修正しました。

baserunnerが緊急にスライドする必要があるときにbasestandになる特定の状況を修正しました。

ランダウン中にディフェンダーがベースパスに衝突したとき、またはベースランナーが彼を通過しているときにディフェンダーがスローアニメーションに入るときに、ベースランナーにタグ付けできる半径をわずかに拡大しました。

MLB The Show 20パッチ1.06は、ピッチャーがワイルドピッチまたはパスしたボールに続いてホームプレートをカバーする必要がある場合に、ホームプレートでランナーにタグ付けする能力を向上させました。

野手またはランナーの設定が「自動」に設定されている場合、リードランナーウィンドウは表示されなくなります。

UI:

RTTS Classic Baserunningに「R2 to Steal」プロンプトを追加しました。

MLB The Show 19から年々のセーブをロードした後、いくつかのレジェンドの頭が正しくなかった問題を修正しました。

オプションエクスプローラーで、ピッチの結果/フィードバックOSDが表示されなかった(タイミングが良いか、早いか、遅いかを示す)問題を修正しました。

その他のさまざまなマイナーなUIの修正。

その他:

MLB The Show 20 アプデ 1.06は、チームアフィニティモーメントを完了した直後に、エキシビションゲームに入ると発生するクラッシュを修正しました。

投手/双方向プレイヤーをSim Managerのベンチに追加しました。
彼らは以前はベンチからの潜水艦として利用できなかった。

短時間で群集が完全に脱落していた問題を修正しました。

MLB The Show 20アップデート1.06がPS4用にダウンロードできるようになりました。

Advertisement
Share