Patch Notes

[Fortnite] フォートナイトアップデート10.20 (2.32)パッチノート

Ad

Fortniteアップデート2.32(10.20)パッチノートがPS4、PC、およびXbox Oneプレーヤーで利用可能になりました。 公式のFortnite 10.20 (2.32)パッチノートによると、最新のアップデートにはX Mayhem 、Shield Bubble などが付属しています。 これとは別に、新しいアップデートにはバグ修正とゲームプレイの改善の長いリストも含まれています。

以前は、新しい期間限定モード、バグ修正などを含むFortniteアップデート10.10がリリースされました。 残念なことに、最後のパッチ以降、一部のプレーヤーはオンラインでゲームをプレイしているときにまだ問題が発生しています。 今日のFortniteバージョン10.20は、これらの問題のいくつかに対処する予定です。 詳細については、以下をご覧ください。

[Fortnite] フォートナイトアップデート10.20 (2.32)パッチノート

新着情報?

フォートナイトXメイヘム
騒乱をもたらします。 国境を越えてクレイジーになり、PandoraベースのRift Zoneをチェックしてください。 このコラボには、無料の報酬、PsychoおよびClaptrapの化粧品などを含むテーマチャレンジも含まれています。

Ad

シールドバブル
これは破裂しにくいバブルです。 発射体や爆発物に耐えられないこのドームの下に隠れてください!

武器+アイテム

  • シールドバブル
    • 珍しい物。
    • フロア戦利品、チェスト、サプライドロップ、および自動販売機で発見。
    • 30秒間続きます。
    • 発射体と爆発物をブロックする大きなバブルを作成します。 ただし、プレーヤーは引き続きそれを実行できます。
      • 発射体と爆発物は、バブルの内側から発射できますが、バブルの外側に行くことはできません。
      • バブルのエミッターのHPは400です。 破壊するとバブルが無効になります。
  • ブルート
    • BRUTEのマップアイコンは、プレーヤーがボードに搭乗した後もすべてのプレーヤーに表示されたままになります。 アイコンは、移動する車両に追従します。
      • これは、試合中のすべてのプレイヤーにBRUTEの存在と場所の認識を高めるためです。
    • 以下のBRUTEの変更は、8月22〜23日に実装されました。
      • 1回の充電でBRUTEが発射するロケットの最大量を10から6に減らしました。
      • ロケットがBRUTEから発射される割合が56%減少しました。
      • BRUTEは、環境を踏みつけたりダッシュしたりするときに、ドライバーと乗客に資料を付与しなくなりました。
      • BRUTEミサイルの爆発範囲を元の範囲に戻しました。
        • 8月22日の修正プログラムで爆発の半径を42%減らしました。 特にこの変化はオーバースイングのように感じられ、BRUTEがより少ないロケットと機動性でターゲットを攻撃するのが難しくなりました。 したがって、8月23日に、ダメージ半径を(コアモードで)8月22日以前の状態に戻しました。BRUTEの変更を厳密に評価して、目標と一致するようにします。
          • v10.20現在、これらの変更はArena&Tournamentプレイリストにも含まれています。
      • ダッシュのクールダウンが3秒から5秒に増加しました。
      • 空中でのブーストから得られる速度を33%減少させました。
      • コアモードのストームフェーズ1、2、3のスポーンレートの変動性を調整しました。
        • ストームフェーズ1
          • BRUTEスポーンの最大数を5から6に増やしました。
          • BRUTEが0個出現する可能性を29%から14.3%に減らしました。
          • 新しい出現率
            • 14.3%の確率で0が生成されます。
            • 14.3%の確率で出現する1。
            • 14.3%の確率でスポーンする2。
            • 14.3%の出現確率3。
            • 14.3%の確率でスポーンする4。
            • 14.3%の確率でスポーンする5。
            • 14.3%の確率で出現する6。
          • 古い出現率
            • 29%の確率で0が生成されます。
            • 14.3%の確率で出現する1。
            • 14.3%の確率でスポーンする2。
            • 14.3%の出現確率3。
            • 出現率14.3%4。
            • 14.3%の確率で出現する5。
        • ストームフェーズ2
          • BRUTEスポーンの最大数を3から5に増やしました。
          • 新しい出現率
            • 16.7%の確率で0が発生します。
            • 出現する確率は16.7%1。
            • 16.7%の確率で出現する2。
            • 出現する確率16.7%3。
            • 16.7%の確率で出現する4。
            • 出現する確率は16.7%5。
          • 古い出現率
            • 25%の確率で0が発生します。
            • 25%の確率でスポーンする1。
            • 25%の確率でスポーンする2。
            • 25%の確率でスポーンする3。
        • ストームフェーズ3
          • 新しい出現率
            • 出現する確率25%0
            • 25%の確率でスポーンする1
            • 25%の確率で2を生成する
            • 25%の確率でスポーン3
          • 古い出現率
            • 33%の確率でスポーンする1
            • 33%の確率で2を生成する
            • 33%の確率で3を生成する
      • 砲手のオーバーシールドを使用する材料費を200から75に減らしました。
      • BRUTEのヘルスを1000から1250に増やしました。
  • ジャンクリフト
    • Junk Riftはすべてのモードで再び有効になりました。
  • アーチ型
    • ストームフリップ
    • ドラムガン
    • ストームスカウトスナイパーライフル

バグの修正

  • ジャンクリフトが衝撃でBRUTEを破壊しなかった問題を修正しました。
  • 自動販売機から受け取った武器やアイテムは、受け取ったときに表示される武器やアイテムと変わらなくなりました。
  • Chug Splashesが意図したよりも早く展開できた問題を修正しました。
  • 戦闘ショットガンは、プレイヤーが照準器を狙っているときに使用するのに最適な武器(スナイパーライフルなど)に交換した後、短期間で不正確になることはなくなりました。
  • 衝撃波がHordeのメンバーに適切に影響するようになりました。
  • スモールシールドポーションが49だった場合、プレイヤーのシールドが50にならない問題を修正しました。
  • 悪臭爆弾がBRUTEを使用しているプレイヤーに与えるダメージが小さくなる問題を修正
  • ドライバーが同伴していないBRUTEの砲手は、火山の渦の中にいる間、視界を遮られなくなります。
  • ホバーボードはBRUTEで乗ることができなくなりました
  • BRUTEのダメージ状態は、車両ラップを装備したプレイヤーが以前に空いたBRUTEに入ると表示されるようになりました。
  • BRUTEのショットガンをリロードしても、ミサイルを発射できなくなりました。
  • BRUTEのエアスラムがHordeスポーナーに意図したよりも多くのダメージを与える問題を修正しました。
  • BRUTEの自己破壊タイマーは一時停止できなくなりました。
  • ミサイルの装填中にBRUTEの座席を切り替えたり、BRUTEを終了しても、エモートできなくなりました。
  • BRUTEを入力しても、プレイヤーが出口で武器やアイテムを使用する機能を失うことはなくなりました。

ゲームプレイ

  • パンドラ
    • パラダイスパームス近くのオアシスで、リフトビーコンがパンドラリフトゾーンを作成しました。
      • Fortnite X Mayhemコラボの一部。
      • このリフトゾーンは、惑星パンドラに非常に似ています。 ただし、それは単なるモデルではありません。 惑星の規則さえ適用されます!
        • リフトゾーンにいる間、プレイヤーは4秒間ダメージを受けなかった後にシールドを生成し始めます。
      • Pandoraは9月10日まで利用可能です。
  • 傾斜した町
    • 町を周囲の丘に接続する移動可能なパスを追加しました。
      • これは、ティルテッドタウンで行われるゲーム終盤の体験を改善するためです。
  • 後続のTurbo Build配置間の時間を0.05秒から0.15に増やしました。
    • Turbo Buildを使用した構造の最初の配置は同じままです。
  • ムービングストーム
    • セーフゾーンは、試合の後半の段階で縮小しながら移動しなくなります。
    • 注:この変更は、アリーナとトーナメントのプレイリストには影響しません。
    • この変更は8月23日に実装されました。

バグの修正

  • BRUTEの使用中に傾斜した町のリフトゾーン内に移動しても、リフトゾーンを離れた後にスクリーンフィルターと非構築効果が残ることはなくなりました。
  • BRUTEからノックアウトしても、プレイヤーが意図せずダウン/アウトではない状態に陥ることはなくなりました。この状態では、ウォーキング/ランニングができ、復活することはできません。
  • HordeのメンバーがBRUTEでプレイヤーを攻撃しない問題を修正
  • BRUTEの損傷は、ストームサージのダメージしきい値にカウントされなくなりました。
  • 不滅の建物の中にいるプレイヤーは、ジャンクリフトによってダメージを受けることはもうありません。
  • チェストまたは弾薬コンテナが置かれているオブジェクトを破壊して破壊することで、それが開かれます。

アート+アニメーション

バグの修正

  • Catalystの左腕がアイドル状態のときにロビーの複数のバックパックをクリップする問題を修正しました。
  • PlayStation 4でY0ND3Rの服装とEQラップが正しくアニメーション化されるようになりました。
  • ティルトタウンリフトゾーン内でBRUTEに搭乗し、BRUTE中にリフトゾーンを出ると、プレイヤーの装備が装備済みの装備に戻れなくなりました。

オーディオ

  • 球からカプセルへのJunk Riftのオーディオ減衰の形状を調整しました。
    • これは、ジャンクリフトオブジェクトを高くスポーンしたときに聞こえやすくするためです。
  • Minigunのオーバーヒートオーディオの音量を下げました。

バグの修正

  • Frag Grenadeのヒューズサウンドは、スローされると発生しなくなりました。
  • バトルバスの音声は、スターターアイランドの間違った場所から再生されなくなりました。
  • 投げられた発射物がプレイヤーに当たった場合、ジャンクリフトオブジェクトのスポーンサウンドエフェクトが再生されない問題を修正しました。

UI

バグの修正

  • シーズンXで初めてログインしたときに、プレイヤーがチャレンジを見ることができないという問題を修正しました。
  • BRUTEのガンナーモードの入力UIは、コントローラーを使用しているプレイヤーに間違った入力を表示しなくなりました。
  • プレイヤーがロッカーの服装をランダムに設定しているときに、プレイヤーアイコンが適切に更新されない問題を修正しました。
  • 包帯または小さなシールドを適用した後、ヘルスメーターとシールドメーターで丸め誤差が発生しなくなりました。
  • ソーシャルパネルに誤ったチームメンバーのセットが表示される問題を修正しました。

リプレイ

  • ローカルのリプレイは、サーバー/ブロードキャストのリプレイと同じHUDを持つようになりました。
  • リプレイでプレイヤーが除去された後、カメラはチームメイトまたはそれらを除去したプレイヤーを追跡します。
  • リプレイHUDコントロールを並べ替え、わずかに変更しました。
    • この一環として、プレーヤーリストへのアクセスに使用されるボタンは削除されました。 ただし、プレイヤーは引き続きマップ画面を使用してプレイヤーリストにアクセスできます。
  • 8月20日に、安定性を向上させ、パフォーマンスの問題に対処するために、PlayStation 4およびXbox Oneでのサーバーストリーミングリプレイを無効にしました。

バグの修正

  • 地面にぶつかった後、リプレイの巻き戻しで小さなジャンクリフトオブジェクトの一部が非表示にならない問題を修正しました。
  • スローされたジャンクリフトの発射物は、リプレイで重複しなくなりました。
  • リプレイで地面にぶつかったJunk Riftオブジェクトがアセットを表示することはなくなりました。
  • ジャンクリフトのオーディオエフェクトがリプレイで発生しない問題を修正しました。

モバイル

  • iOSは、パッチ適用後、プレーヤーが最初にゲームを実行するときにコンテンツを最適化します。 これにより、バトルバスの出発を待つ際のヒッチとロード時間が短縮されます。
  • iPhone 8で60FPSサポートが再び有効になりました。
  • パッチ適用プロセス中に画面に表示される画像を更新しました。

バグの修正

  • プレイリストタイル、「新規」タイル、およびイベントページタイルに正しい画像が表示されるようになりました。
  • キャラクターと一部の化粧品との衝突の問題を修正しました。
  • AndroidでBRUTEを使用する際の音声の問題を修正しました。
  • シネマティクスをバックアウトしても、黒い画面が表示されなくなりました。
  • [チャレンジ]メニューのフォントの配置が修正されました。
  • プレイヤーがBRUTEにいる間に弾薬ベルトが浮いてしまう問題を修正しました
  • Autofireが一部の車両に対してアクティブであった問題を修正しました。
  • Score Managerデバイスが追加されました。
    • このデバイスは、それをアクティブにするプレーヤーにスコアを提供します。 レシーバーを介してのみアクティブにできます。プレーヤーが直接操作することはできません。
    • スコア値
      • ゲーム中にデバイスが最初にアクティブ化されたときに付与されるスコアの量を決定します。
        • -200、-100、-50、-35、-20、-15、-10、-5、-4、-3、-2、-1、0、1、2、3、4、5、10 15、20、35、50、100、200(デフォルト:0)。
    • スコアアワードタイプ:デバイスがアクティブ化するプレーヤーのスコアに与える影響を決定します。
      • 追加、減算、設定、なし(デフォルト:追加)。
        • 加算と減算-プレーヤーの現在のスコアを調整します。
        • Set-既存のスコアを無視して、プレーヤーの現在のスコアを必要な量にします。
        • なし-プレイヤーの現在のスコアを変更せず、デバイスをカウンターにします。
    • チーム
      • 任意、1〜16(デフォルト:任意)。
    • タイムズトリガー
      • デバイスが応答を停止するまでにトリガーできる回数を決定します。 この値は、制限に達した後でも、受信機から受信時にリセットを使用してリセットできます。
        • 無限、1-10(デフォルト:無限)。
    • スコアの増分
      • 1回目以降にデバイスがトリガーされるたびに、付与されるスコアの量がこの量によって調整されます。 これは、増加または減少する報酬構造を作成するために利用できます。
        • -200、-100、-50、-35、-20、-15、-10、-5、-4、-3、-2、-1、0、1、2、3、4、5、10 15、20、35、50、100、200(デフォルト:0)。
    • 最小スコア
      • これにより、スコアの増分オプションによってスコア賞を減らすことができる最小値が決まります。 実際に与えられるスコアは、最初のスコア値が低くなり始めても、この値を下回ることはありません。
        • -999、-500、-400、-300、-200、-100、-50、-35、-20、-15、-10、-5、-3、-2、-1、0、1、2 、3、5、10、15、20、35、50、100、200(デフォルト:-999)。
    • 最大スコア
      • これにより、Score Incrementオプションによってスコア賞を上げることができる最大値が決まります。 実際に与えられるスコアは、最初のスコア値が高くなり始めても、この値を超えることはありません。
        • -200、-100、-50、-35、-20、-15、-10、-5、-3、-2、-1、0、1、2、3、5、10、15、20、35 、50、100、200、300、400、500、999(デフォルト:999)。
    • 有効:デバイスをいつ有効にするかを決定します。 無効の場合、デバイスはそのレシーバーによってアクティブにできません。
      • 無効、有効、ウォームアップのみ、ゲームプレイのみ(デフォルト:有効)。
    • ゲーム内で表示:オフ、オン(デフォルト:オフ)。
    • スコアで送信
      • デバイスがこのスコアを授与すると、送信されます。
        • -200、-100、-50、-35、-20、-15、-10、-5、-4、-3、-2、-1、0、1、2、3、4、5、10 15、20、35、50、100、200(デフォルト:0)。
    • レシーバー:
      • 受信時にアクティブ化:選択したチャンネルで信号を受信すると、アクティブ化するプレイヤーにスコアを授与します。
        • チャンネルなし、1-32(デフォルト:チャンネルなし)。
      • 受信時に有効にする
        • チャンネルなし、1-32(デフォルト:チャンネルなし)。
      • からの受信時に無効にする
        • チャンネルなし、1-32(デフォルト:チャンネルなし)。
      • 受信時にリセット
        • 選択したチャネルから信号を受信すると、デバイスは有効になり、スコア賞の値は[スコア値]オプションで指定された値にリセットされ、トリガーされた回数は0にリセットされます。
          • チャンネルなし、1-32(デフォルト:チャンネルなし)。
      • 受信時の増分
        • アクティブなプレイヤーに実際にスコアを付与することなく、現在のスコア賞与値をスコア増分値によって調整します。
          • チャンネルなし、1-32(デフォルト:チャンネルなし)。
    • 送信機:
      • 最大トリガーの送信先
        • Times Can Triggerオプションで指定された回数だけデバイスがトリガーされたら、選択したチャンネルで信号を送信します。
          • チャンネルなし、1-32(デフォルト:チャンネルなし)。
      • スコア出力時の送信先
        • Transmit on Scoreで指定されたスコアがプレーヤーに与えられたら、選択したチャンネルでシグナルを送信します。
          • チャンネルなし、1-32(デフォルト:チャンネルなし)。
  • スピーカーデバイスを追加しました。
    • トリガーされると、近くの全員に音声を再生します。
    • スピーカーオーディオ:再生するオーディオサンプルを選択します。
      • オフ、アクセントA、アクセントB、アクセントC、バンプA、バンプB、終了A、終了B、失敗A、失敗B、フラッシュバック、ゲームオーバー、マジック、ミステリーA、ミステリーB、ミステリーC、ニュートラル、ポジティブ、報酬A、リワードB、スケアA、スケアB、サクセスA、サクセスB、サクセスC、サプライズA、サプライズB、脅威、トランジションA、トランジションB、ロック解除、ウォッシュ(デフォルト:アクセントA)。
    • 音量:非常に小さい、小さい、普通、大きい、非常に大きい(デフォルト:中)。
    • Attenuation:音がどれだけ移動するかを決定します。
      • 閉じる、中程度、遠い、非常に遠い、島(デフォルト:中)。 島–音は地図上のどこでも聞こえます。
    • Retrigger Behaviour:サウンドが既に再生されている間にデバイスが再度トリガーされた場合に何が起こるべきかを決定します。
      • 無視、再起動(デフォルト:無視)。
    • 有効:デバイスをいつ有効にするかを決定します。 無効の場合、デバイスはそのレシーバーによってアクティブにできません。
      • 無効、有効、ウォームアップのみ、ゲームプレイのみ(デフォルト:有効)。
    • ヒット時にアクティブ化:ダメージを与えることでデバイスをアクティブ化できるかどうかを選択します。
      • はい、いいえ(デフォルト:はい)。
    • ゲーム内で表示:オフ、オン(デフォルト:オフ)。
    • レシーバー:
      • 受信時にアクティブ化:チャンネルなし、1-32(デフォルト:チャンネルなし)。
      • 受信時有効:チャネルなし、1〜32(デフォルト:チャネルなし)。
      • 受信時の無効化:チャンネルなし、1-32(デフォルト:チャンネルなし)。
  • HUDメッセージデバイスを追加しました。
    • このデバイスを使用すると、HUDを介してさまざまなスタイルでプレイヤーにテキストメッセージを送信できます。 メッセージは、トリガーとレシーバーを介してタイミングを合わせたり、アクティブにしたりできます。 配置に関係なく、一度に画面に表示できるメッセージは1つだけです。
    • メッセージ
      • 80文字制限のテキストボックス。
    • チーム
      • すべて、1-16(デフォルト:すべて)。
    • ラウンドスタートからの時間
      • メッセージは、ゲームの開始から指定された時間が経過した後に表示されます。
        • オフ、1〜10秒、15秒、20秒、25秒、30秒、40秒、50秒。 1分、2分、3分、4分、5分(デフォルト:10秒)。
    • 表示時間
      • メッセージが画面に表示される時間を決定します。
        • 1〜5秒、10秒、15秒、20秒、25秒、30秒、40秒、50秒、60秒、永久(デフォルト:5秒)。
    • テキストスタイル
      • デフォルト、小、大、太字、特大、青、太字の青、オレンジ、太字のオレンジ、赤、赤のアウトライン(デフォルト:デフォルト)。
    • メッセージタイプ
      • メッセージの重要度を決定します。 デフォルトのメッセージは、他のメッセージの後ろにキューイングされます。 重要なメッセージはすぐに表示されます。
        • デフォルト、クリティカル(デフォルト:デフォルト)。
    • 音を出す
      • オン、オフ(デフォルト:オン)。
    • 配置
      • メッセージが表示される画面の領域を選択します。
        • 下部中央、上部中央、右中央(デフォルト:下部中央)。
    • ゲーム中の可視性
      • 表示、非表示(デフォルト:非表示)。
    • 受信機
      • 受信時表示:チャンネルなし、1-32(デフォルト:チャンネルなし)。
      • 受信時に非表示:チャンネルなし、1-32(デフォルト:チャンネルなし)。
  • Advanced Storm Controllerデバイスにいくつかの変更を加えました。
    • 全体として、高度なストームコントローラーと高度なストームビーコンの使用を簡素化して、カスタムストームの生成を容易にしました。
    • ゲーム開始時にGenerate Stormを追加
      • ゲームが始まるとすぐにストームを開始する必要がありますか?
        • はい、いいえ(デフォルト:はい)。
    • 受信時のストーム生成を追加
      • 選択したチャンネルから信号を受信するとストームを生成します。
        • チャンネルなし、1-32(デフォルト:チャンネルなし)。
    • 受信時のストームの破壊を追加
      • Stormコントローラを無効にし、選択したチャンネルから信号を受信するとすぐにStormを削除します。
        • チャンネルなし、1-32(デフォルト:チャンネルなし)。
    • フェーズ終了時送信が追加されました
      • 各Stormフェーズの終わりに、選択したチャネルで信号を送信します。
        • チャンネルなし、1-32(デフォルト:チャンネルなし)。
    • 開始フェーズと後期フェーズの移動オプションが削除されました-これらはストームビーコンで使用されると混乱を引き起こしました。 意図は、ストームビーコンを使用してストームフェーズの後半を構成することです。
  • Advanced Storm Beaconデバイスに多くの変更を加えました。
    • すべてのオプションから「オーバーライドしない」値を削除しました。すべての値を明確に設定し、デフォルトを追加する必要があります。 これは、ストームビーコンがストームデバイスでどのように機能するかについての混乱を減らすために行われました。
    • 「動作」オプションから「なし」の値を削除しました。
      • ストームがこのビーコンに移動するか、ランダムに移動するかを選択します。
    • End Radiusオプションに追加の値:0m。
  • アイテムスポーナー、アイテムスポーンプレート、キャプチャーアイテムスポーナーデバイスに新しいオプションが追加されました。
    • アイテムが拾われたとき
      • チャンネルなし、1-32(デフォルト:チャンネルなし)。
  • TimerデバイスのDurationオプションに値を追加しました
    • 6分、7分、8分、9分、11分、12分、13分、14分。
  • 無線デバイスに多くのオプションを追加しました。
    • 試合前にプレイ:いいえ、はい(デフォルト:いいえ)。
    • ウォームアップ中に再生:いいえ、はい(デフォルト:いいえ)。
    • ゲームプレイ中にプレイ:いいえ、はい(デフォルト:いいえ)。
    • ラウンドエンド中に再生:いいえ、はい(デフォルト:いいえ)。
    • ゲーム終了時にプレイ:いいえ、はい(デフォルト:いいえ)。
    • 受信時に再生:チャンネルなし、1-32(デフォルト:チャンネルなし)。
    • 受信時に停止:チャンネルなし、1-32(デフォルト:チャンネルなし)。
  • Explosive Deviceに多くのオプションを追加しました。
    • ゲーム中に表示:オン、オフ(デフォルト:オン)。
    • ゲーム中の衝突:オン、オフ(デフォルト:オン)。
    • 衝突:すべて、武器のみ(デフォルト:すべて)。
    • Exploded Transmit Onの場合:チャネルなし、1〜32(デフォルト:チャネルなし)。
    • 受信時の可視性をオンにする:チャンネルなし、1-32(デフォルト:チャンネルなし)。
    • 受信時の可視性をオフにする:チャンネルなし、1-32(デフォルト:チャンネルなし)。
    • ゲーム開始からの爆発までの時間オプションに追加の値を追加:11分、13分、14分。
  • チーム設定とインベントリデバイスにオプションを追加しました。
    • 受信者からラウンドを終了:このチームが勝者となり、現在のラウンドを終了します。
    • チームが送信を削除した場合:このチーム設定デバイスに関連付けられたチームが削除されたときに送信します。
  • Objective Deviceからオプションを削除しました。
    • ゲーム中の衝突:目に見えるとき
      • これにより、ネットワークパフォーマンスの問題が発生していました。

バグの修正

  • Xbox Oneの特定のデバイスの設定が正しく保存されるようになりました(プレーヤースポーン、ビルボード、爆発性デバイスを含む)。
  • ビルボードデバイスのメモリコストが200に増加する問題を修正しました。
  • Speed BoostデバイスがBRUTEに影響するようになりました
  • 最初のストームフェーズは、高度なストームコントローラーデバイスの場所で発生します。
  • ストームコントローラーの[受信時にストームを生成]オプションが既存のストームをリセットする問題を修正しました。
  • 高度なストームビーコンデバイスからの周囲の音響効果は、ゲーム中に聞こえなくなりました。
  • プレイヤーは、アクティブな武器フリーゾーン内でリスポーンした後、武器を使用できなくなります。
  • 近くにいるとグッズが他の俳優とのやり取りをブロックする問題を修正しました。
  • プレイヤーから遠く離れていても、バリアデバイスフレームは表示されなくなりました。
  • バリアデバイスは、ゲーム前のロビーにいるプレイヤーをブロックします。
  • チームが削除されなかった場合、チーム設定とインベントリデバイスがチーム削除信号を誤って送信する問題を修正しました。
  • レトロカメラフィルターは、PlayStation 4またはXbox Oneで適切にレンダリングされ、モバイルデバイスでの他のレンダリングアーティファクトも同様です。
  • クリーチャースポーナーは、カスタマイズオプションを切り替えるときに説明を表示します。

UI +ソーシャル

  • Game SettingsメニューのAllow BuildingオプションがOffに設定されている場合、ビルドクイックバーは非表示になり、ビルドホットキーは無効になります。
  • ゲーム作成メニューに「複製」ボタンを追加して、プレイヤーが既存の島の簡単な複製を作成できるようにしました。

バグの修正

  • BRUTEを削除した後、BRUTEを使用すると、画面が黒くなりません。
  • HUDのスコアウィジェットがプレイヤー/チームの順位を正しく追跡しない問題を修正しました。
  • Playstation 4およびSwitchでテキストフィールドを選択できるようになりました。
  • リプレイのクリエイティブモードのスコアボードメニューを修正して、ボタンを表示して閉じるか、試合を終了するようにしました。

Fortniteアップデート10.20 (2.32) がダウンロード可能になりました。

Ad
Ad
Share