Fifa 21アプデ(アップデート)1.09パッチノート (PS4)

Advertisement

Fifa 21アップデート1.09は、PCPS4Xbox Oneでまもなく公開されます。 Fifa21 アプデ 1.09パッチノートによると、今後のアップデートでは、一般的なバグ修正とゲームプレイの変更が追加されます。これとは別に、Fifa21バージョン1.09には安定性の改善も含まれます。

以前は、メジャーアップデートでキックオフ、FIFA Ultimate Team、キャリアモードなどに関連する問題が解決されていました。最近、修正プログラムもリリースされました。

残念ながら、ゲームがリリースされて以来、プレイヤーはまだオンラインゲームプレイでいくつかの問題を経験しています。新しいFifa21バージョン1.09は、これらの問題のいくつかを修正します。

Advertisement

FIFA 21 アップデート 1.09パッチノート

ゲームプレイ

次の変更を行いました。

AIチームメイトがボールをブロックしようとしたときに到達できる距離を短縮しました。

    • この変更は、ボールキャリアがシュートを打つ状況でのみ適用されます。

防御側のプレーヤーがボールのパスに直接いる状況でのインターセプトロジックが改善されました。

    • この変更は、ボールキャリアがボールを通過している状況でのみ適用されます。

動作中にステップオーバーが正常に実行された後の出口速度の低下。

ゴールキーパーの手によってボールがそらされた後、ボールが移動できる距離が増加しました。

次の問題に対処しました。

  • 場合によっては、ブロックアニメーションを実行するときに、防御側が意図したよりも高く足を伸ばすことがあります。
  • 時々、肩の挑戦と封印は、防御側のプレーヤーにとって予期しないプレーヤーの動きをもたらす可能性があります。
  • キーボードとマウスのコントロールを使用している場合、マウスを使用した手動プレーヤー切り替えが機能していませんでした。

FIFAアルティメットチーム

次の問題に対処しました。

[目標]画面の[コミュニティ]タブから報酬を請求した後、プレーヤーは[コミュニティ]タブではなく[シーズンの進行状況]タブに移動しました。

分隊画面の[クラブ]タブで、[Take Me There]ウィジェットが画面に表示されているときに、[リストビューの切り替え]アクションが機能しませんでした。

リプレイの移行中に表示されるFUTChampionsのロゴは、リプレイごとに小さくなることがありました。

装備されている場合、アイスランドアンセムアイテムは試合前のシーンでは再生されませんでした。

  • Take Me Thereウィジェットは、まれに画面に表示され続けることがあります。
  • シングルプレイヤードラフトでゴールを決めた後、ゴールスコアラーのプレイヤーアイテムは次のキックオフ中にピッチに表示されませんでした。
  • Action Run Player CelebrationItemがTRexとして誤ってリストされていました。
  • FUTストアに入るときの潜在的な安定性の問題に対処しました。

キャリアモード

次の問題に対処しました。

  • 交渉シーンでは、両方のチームで同一のマネージャーと誤ったマネージャーが表示されていました。
  • 一致中に、テーブル分析スコアボードUI要素に誤ったデータが表示される可能性がありました。
  • 交渉シーンでは、プレーヤーエージェントが間違ったクラブバッジを着用することがありました。
  • Player Careerでは、試合が部分的にシミュレートされたときにVirtualProのMatchesPlayed統計が正しく追跡されず、シミュレーションが行われる前にVirtualProが試合から置き換えられました。

ボルタサッカー

次の問題に対処しました。

場合によっては、VOLTA FOOTBALLでマッチメイクを試みる前にプロクラブをプレイすると、「マッチをセットアップできません」というエラーメッセージが表示されます。

ドロップインVOLTASQUADSロビーは、最小プレーヤー数を下回った後、正しく解散しませんでした。

場合によっては、試合後のイベントの進行状況画面に、同じチームに1人ではなく2人のキャプテンがいると誤って表示されていました。

  • VOLTA FOOTBALLで、FIFA Online Friendliesの試合への招待を受け入れると、まれに安定性の問題が発生する可能性があります。
  • VOLTA SQUADSPlacementの試合中に安定性の問題が発生する可能性があります。

FIFAオンライン

次の変更を行いました。

オンラインシーズンと協力シーズンでは、FIFA属性は、以前はキックオフマッチでのみ使用可能だったデフォルト設定を使用するようになりました。つまり、ゲーム内属性は各プレーヤーの位置に基づいて変更されます。

    • 攻撃者(フォワードとウィンガー)
      • 加速+6、スプリントスピード+4
      • ポジショニング+10、フィニッシュ+8、ショットパワー+4、ロングショット+6、ボレー+4
      • 敏捷性+4、バランス+2、反応+4、ドリブル+4、落ち着き+4
    • ミッドフィールダー(セントラル、アタック、ワイド)
      • 加速+6、スプリントスピード+4、ポジショニング+8
      • ビジョン+10、クロッシング+2、ショートパス+8、ロングパス+6
      • 敏捷性+4、反応+4、ドリブル+4、落ち着き+4
    • ディフェンダーとディフェンシブミッドフィールダー
      • 加速+6、スプリント速度+4、攻撃性+2
      • ビジョン+2、ショートパス+4、ロングパス+2、リアクション+4、落ち着き+4
      • インターセプト+8、ディフェンシブアウェアネス+10、スタンドタックル+8、スライドタックル+4
    • ゴールキーパー
      • ダイビング+6、ハンドリング+ 4、GKキック+4、反射神経+ 6、GKポジショニング+4、リアクション+6
  • オンラインフレンドリマッチロビーで、プレイヤーはデフォルトのFIFA属性を有効にすることを選択できるようになりました。

プロクラブ

次の問題に対処しました。

ドロップインマッチのキャプテンとしてゲームプランを切り替えると、他のプレイヤーの位置が誤って変更される可能性があります。

一般、ビジュアル、およびオーディオ

次の変更を行いました。

  • いくつかの2Dプレーヤーのポートレート、キット、バッジ、スタジアムを更新しました。
  • 1つのマネージャースターヘッドを更新しました。
    • これは、サーバーリリース後にのみ利用可能になります。ゲーム内でいつ公開されるかについての最新情報については、EA SPORTSFIFAトラッカーをフォローしてください。

次の問題に対処しました。

  • まれな状況で、スタジアムのアナウンサーが解説チームによって切断されました。
  • 状況によっては、パスがゴールに近すぎるレシーバーに向けられた場合、要求されたゴールキーパーのスローがオウンゴールになる可能性があります。
  • プレーヤーがゴールを決めた後、プレーヤーの評価を更新するのに時間がかかりすぎる場合がありました。
  • 高度な練習シナリオでゴールキーパーがパスした後、ユーザーはプレーヤーのコントロールを失う可能性があります。
  • 一部のハウスルールのマッチタイプがCPUAIと一致する場合、ゲーム内の難易度が選択した設定と一致しませんでした。
  • ゴールからボールを​​拾い上げてピッチの中央に戻ることを含む祝賀会を行うとき、祝うプレーヤーはゴールフレームとネットを通過することができます。
  • ボールキャリアが回転を終えた直後にスキルムーブが要求された場合、スキルムーブが実行されないことがありました。
  • まれに、プレーヤーが別のプレーヤーのセットプレーの直後に試合を一時停止することがあります。
  • 試合前のロード中に意図しないスキルゲームが表示されないようにしました。

PS5およびXboxシリーズXの所有者は、12月5日にFifa21をダウンロードできます。

Fifa 21アップデート1.09のダウンロードリンクは、PlayStation4とXboxOneでまもなく利用できるようになります。

Advertisement
Share