Dead by Daylight アップデート 2.06 パッチノート (DBD アプデ 2.06)

Advertisement

Dead by Daylightアップデート2.06パッチノート(v4.3.1)今のところ有りでPS4Xboxの一つのプレーヤー。公式のDBD アプデ 2.06パッチノートによると、最新の修正プログラムはQOLの修正と変更を追加しました。これとは別に、DBDアップデート2.06にはゲームプレイの最適化も含まれています。

以前は、大きなアップデート-新しいキラー追加疫病、新しいサバイバー-フェリックス・リヒター、とはるかに。

残念ながら、前回のパッチ以降、プレイヤーはゲームのプレイ中にまだいくつかの問題を経験しています。今日のDBDアプデ2.06は、これらの問題のいくつかを修正することが期待されています。

Advertisement

Dead by Daylight アプデ 2.06の新機能は何ですか?

  • 32回のチャージでmedkitが2番目のヘルス状態を完全に回復できない可能性があるバグに対処しました。
  • 生存者がジェネレーターの修理を開始した後、不一致特典を装備したキラーがアクティベーション範囲に入った場合に生存者のオーラが表示されないバグに対処しました。
  • イントロ中に殺人者が一人称の姿勢を見る原因となったバグに対処しました。
  • ハロウィーンイベントのフックオーラがベースを表示する原因となったバグに対処しました。
  • モリアニメーションの最後にナイトメアが解消されないバグに対処しました。
  • シュレッド機能を使用すると、デモゴルゴンにアニメーションが表示されないバグに対処しました。
  • Blighted Serumを装備しているときにサバイバーをフックした後、BlightedRushの前にキラーがそのパワーを使用できる可能性があるバグに対処しました。
  • 潰瘍を発生させるクエストを装備している唯一のユーザーがキラーである場合に、内臓潰瘍が表示されるバグに対処しました。
  • 切断時に生存者のモデルが贖罪の檻に残る原因となっていたバグに対処しました。
  • 観客を切り替えるときにマッドネスのオーディオレベルが正しくなくなるバグに対処しました。
  • カスタムゲームロビーでキラーの音楽テーマが観客として聞こえる原因となったバグに対処しました。
  • トライアル中にフレームレートが断続的に低下する問題を暫定的に修正しました。

PS4とXboxOneで無料のDeadbyDaylightアップデート2.06をダウンロードしてください。

Advertisement
Share