Patch Notes

DBD アプデ(アップデート)2.47 (Ver 5.7.0)パッチノート

[デッド バイ デイライト] DBD アプデ 2.47 (5.007.000)がPS4およびXbox Oneプレーヤーでダウンロードできるようになりました。公式DBD アップデート 2.47パッチノートによると、最新のアップデートではHaddonfieldマップの視覚的な変更が追加され、いくつかのゲームクラッシュバグが修正されました。さらに、dbdパッチ2.47には、安定性とパフォーマンスの改善も含まれています。

Advertisement

以前、メジャーアップデートでは、新しいキラー(Onryo)、新しいサバイバー(Yoichi Asahikawa)が追加され、ゲームプレイが変更および調整されました。

残念ながら、プレイヤーはゲームのプレイ中にまだいくつかの問題を経験しています。今日のデッド バイ デイライトアプデ2.47は、これらの問題のいくつかを修正することが期待されています。

Advertisement

DBD アップデート 2.47 (5.7) パッチノート – 2022年4月28日

総合

難易度表記

  • 生存者: キャラクター情報の難易度表記を削除しました。
  • 殺人鬼: キャラクター情報の難易度表記を新しくしました。区分は簡単、普通、難しい、かなり難しいとなります。
  • 簡単: 初プレイの人にも使いやすい殺人鬼。
  • 普通: 殺人鬼の基礎が理解できている必要があるものの、基本的なシステムは簡単の殺人鬼と共通する部分がある殺人鬼。
  • 難しい: 殺人鬼固有のシステムを使用しており、効果的に動くには練習を要する殺人鬼。
  • かなり難しい: 多くの練習と深い理解を要し、未経験者が使っても多くの戦果を挙げるのは難しいであろう殺人鬼。

開発チームより: 生存者は全員同じシステムを使用するため、難易度表記を分けることをやめることにしました。殺人鬼の難易度は全体的なシステム的・戦略的な複雑さによって再分類し、初心者の人が参考にしやすいようにしました。

ステータス効果

“出血”状態のリワーク

  • 出血状態となった生存者は、治療を行っていないとき、治療の進行度が一定の割合で後退していく効果に変更しました。
  • 治療進行度が後退する速度は7%/秒です。例: 99%のところで治療を中断した場合、14秒で全く未治療の状態に戻ります。
  • パーク“ずさんな肉屋”およびナイトメアのアドオン“Zのブロック”の効果は、出血状態の新効果を考慮し調整を行いました。(後述)

開発チームより: 出血状態は、いわば「役立たず」という評価を受けていました。そこで、生存者の治療というシステムの核により影響するような形へ効果をリワークしました。

パーク

  • “ボイルオーバー”: 殺人鬼に担がれた時の抵抗力を50/75/100%→60/70/80%に変更しました。

開発チームより: “ボイルオーバー”の抵抗力は、一部のプレイヤーの皆さんにとって、特定のマップで移動するのに大きな問題を生み、想定よりも大きな影響を与えてしまっていました。今後、担がれた後の抵抗力について全体的に再検討する予定ですが、今回は“ボイルオーバー”の効果を抑える変更をして、特に酷い一部のケースを防ぐことにしました。

  • “恵み:癒しの輪”: 治療速度の上昇効果を60/70/75%→40/45/50%に変更しました。

開発チームより: 最近予告した通りです。

  • “ずさんな肉屋”: 出血状態のリワークに伴い効果を変更しました。出血により治療進行度が失われる速度が15/20/25%上昇する効果を追加しました。

開発チームより: PTBでは“ずさんな肉屋”の出血頻度が増える効果を削除するとお伝えしましたが、残すことにしました!ゲーム内の説明文を再度更新し、新しい効果に加え出血頻度が増える効果を追記しました。

殺人鬼ナイトメア

  • アドオン“Zのブロック”: ドリームスネアまたはドリームパレットを発動させた生存者が出血状態になる効果時間を60秒→90秒に変更しました。

殺人鬼リージョン

  • 専用の脅威範囲&チェイスBGMを追加しました。さらに“ミックステープ”系アドオンを装備するとBGMが変化します。
  • 愚連の切り裂きを命中させると、1回ごとにその狂乱中移動速度が0.2m/秒ずつ上昇していくように変更しました。
  • 愚連の切り裂きを4回連続で命中させると、次回の愚連の切り裂きは命中した生存者は瀕死となり愚連の狂乱が終了するように変更しました。
  • 通常攻撃が命中したとき、能力ゲージが減少する仕様を削除しました。
  • 愚連の狂乱の能力ゲージが回復し始めるタイミングを、疲労の終了後→狂乱が終了した瞬間に変更しました。
  • 愚連の狂乱後の疲労を4秒→3秒に変更しました。

アドオン 

  • “いたずらリスト”: 愚連の狂乱の効果時間が増加する効果を1秒→2秒に変更しました。
  • “傷のついた定規”: 愚連の狂乱のチャージ時間が減少する効果を2秒→5秒に変更しました。
  • “スージーのミックステープ”: 殺人鬼の本能の探知範囲を拡大する効果を16m→20mに変更しました。
  • “汚れた刃”: 生存者が深手の手当てにかかる時間が増加する効果を2.5秒→4秒に変更しました。
  • “玉虫色のバッジ”: マップ全体が脅威範囲となる効果を削除しました。
  • “刺し傷の研究” (新効果): 愚連の狂乱によって発生した深手を自分で手当てした生存者は、手当て完了後4秒間オーラが表示される効果に変更しました。
  • “友情のブレスレット” (新効果): 愚連の狂乱中、突進攻撃の時間が0.3秒延長される効果に変更しました。
  • “スマイリーフェイスのバッジ” (新効果): 愚連の狂乱によって発生した深手を自分で手当てした生存者は、60秒間目眩まし状態となる効果に変更しました。
  • “落書きされたスマイリーバッジ” (新効果): 愚連の狂乱によって発生した深手を自分で手当てした生存者は、重傷状態となる効果に変更しました。
  • “エッチングされた定規” (新効果): 愚連の切り裂きが命中した生存者は、60秒間忘却状態となる効果に変更しました。
  • “ジュリーのミックステープ” (新効果): 愚連の狂乱中にスタンすると、スタン終了後即座に能力ゲージが回復する効果に変更しました。
  • “壁画のスケッチ” (新効果): 愚連の狂乱中、 攻撃命中ごとの移動速度上昇を0.3m/秒に変更する効果に変更しました。
  • “眠気覚まし薬” (新効果): 愚連の狂乱中、基本移動速度が4.6m/秒となり、愚連の狂乱の効果時間が10秒間延長され、愚連の切り裂きが命中するたびに100~500ポイントのボーナスを得られる効果に変更しました。
  • “ジョーイのミックステープ” (新効果): 愚連の狂乱によって発生した深手を自分で手当てした生存者は、負傷を回復するまで出血状態となる効果に変更しました。
  • “盗まれたスケッチブック” (新効果): 愚連の狂乱中、2回目以降に攻撃が命中した生存者は持っているアイテムを落とす効果に変更しました。
  • “リージョンのバッジ” (新効果): 愚連の狂乱によって発生した深手を自分で手当てした生存者は、60秒間衰弱状態となる効果に変更しました。
  • “フランクのミックステープ” (新効果): 愚連の狂乱中、発電機を破壊する速度が20%上昇し、破壊可能壁を破壊する速度が30%上昇し、破壊中は能力ゲージの減少が一時停止する能力に変更しました。
  • “煙を吐くミックステープ” (新効果): 愚連の狂乱中、 発電機の修理進行度がオーラの強さで判別でき、修理中ではない発電機の修理進行度が後退する効果に変更しました。本アドオンによる進行度後退効果は“呪術:破滅”を含む他の後退効果と重複しません。
  • 新アドオン“スタイリッシュなサングラス”: 24m以内で深手を手当てしている生存者のオーラを表示する。
  • 新アドオン“永遠のベストフレンド”: 愚連の狂乱中、生存者を攻撃するとトークンを得る。
    • 連続2回目のヒット: 2トークン
    • 連続3回目: 3トークン
    • 連続4回目: 4トークン
    • 連続5回目: 5トークン
      • ゲートが通電したときトークンを15個以上集めていると発動し、愚連の狂乱を行っていないとき移動速度が4%上昇する。
  • 削除されたアドオン: “悪意の刃”、“冷たい泥”

開発チームより: 今回の変更は、リージョンのシンボルであるダッシュとナイフに着目しました。愚連の切り裂きを連続させると移動速度が上昇し、コンボを狙うことに報酬が生まれます。コンボを長く続けられれば瀕死にさせられる能力も追加しました。プレイスタイルに多様性を与えるため、アドオンにも大規模な見直しを行いました。

殺人鬼ゴーストフェイス

  • マークした生存者からは、発見により闇の包容を解除されないよう変更しました。
  • マーキングの効果時間を45秒→60秒に変更しました。
  • 専用の脅威範囲&チェイスBGMを追加しました。
  • つけ回しと発見の技術的な仕様を見直しました。これにより以下の変更が生じています。
    • 複数の生存者が同時にゴーストフェイスを発見しようとしているとき、一部の生存者の発見が完全に無効となることがある問題を修正しました。
    • ゴーストフェイスの発見進行度を、生存者がゴーストフェイスを見失うと少しずつ減少し、再び視界に入るとその時点から進行するように変更しました。今までは一瞬でもゴーストフェイスを見失うと発見進行度がゼロに戻っていました。
    • ゴーストフェイスのつけ回しと生存者の発見で参照される“視界” (つけ回し・発見するために対象を収めなくてはならないディスプレイ上の一定範囲) を、一人称視点と三人称視点の違いを念頭に置き、差別化しました。
    • 対象が画面の中央にいなくても、ディスプレイの大部分を占めているときは、ゴーストフェイスのつけ回しおよび生存者の発見を行うことができるように変更しました。(例: 対象が非常に近くにいる場合など)
    • ゴーストフェイスのつけ回しと生存者の発見で参照される視界が、16:9以外の解像度で正しく設定されないことがある問題を修正しました。

アドオン 

  • “安物コロン”: マーキングの効果時間増加効果を5秒→10秒に変更しました。
  • “見出しの切り抜き”: つけ回し中の移動速度上昇効果を10%→40%に変更しました。
  • “ウォールアイの紙マッチ”: 闇の包容の回復時間減少効果を2秒→6秒に変更しました。
  • “印をつけた地図”: 発見された後の殺人鬼の本能の持続時間増加効果を1秒→2秒に変更しました。
  • “革製ナイフシース”: しゃがみ中の移動速度上昇効果を5.6%→10%に変更しました。
  • “屋外用防犯カメラ”: マーキングした生存者が瀕死状態になるとオーラが表示される時間を4秒→7秒に変更しました。効果対象を脅威範囲外の生存者→すべての生存者に変更しました。
  • “「愛しのフィラデルフィア」” (新効果): 生存者をマークするために必要な時間が20%減少する効果に変更しました。
  • “シンチストラップ” (新効果): 通常攻撃を空振りしたとき、闇の包容が解除されないようになる効果に変更しました。
  • “オルセンのアドレス帳” (新効果): マーキングされた生存者がせっかちな行動を行ったとき、その生存者のオーラが5秒間表示される効果に変更しました。
  • “オルセンの日記” (新効果): マーキングされた生存者が、解除されるまで忘却状態となる効果に変更しました。
  • “望遠レンズ” (新効果): ゴーストフェイスを発見した生存者は60秒間忘却状態になる効果に変更しました。
  • “噛み跡のついたペン” (新効果): 瀕死状態の生存者は、ゴーストフェイスを発見するのに3秒間かかるようになる効果に変更しました。
  • “ナイフ用ベルトクリップ” (新効果): しゃがみ中、脅威範囲が8m減少する効果に変更しました。
  • “持続性のある香水” (新効果): フックに吊られている生存者は、ゴーストフェイスを発見するのに3秒間かかるようになる効果に変更しました。
  • “オルセンの財布” (新効果): パレットや破壊可能壁を破壊すると、闇の包容が即座に全回復する効果に変更しました。
  • “ドロップレッグタイプのナイフシース” (新効果): 生存者をマークすると、5秒間移動速度が10%上昇する効果に変更しました。
  • “単眼暗視スコープ” (新効果): ゴーストフェイスを発見した生存者は5秒間疲労状態になる効果に変更しました。
  • “詳細な犠牲者の日課” (新効果): 生存者をマークすると、その生存者が5秒間疲労状態になる効果に変更しました。
  • “「ゴーストフェイス、カメラに捉えられる」” (新効果): 通常攻撃で生存者を瀕死にすると、闇の包容が即座に全回復する効果に変更しました。

開発チームより: ゴーストフェイスは全体的に苦戦しており、アドオンもあまり面白くありませんでした。今回の変更でマーキングの効果が増し、アドオンはより面白く強い組み合わせが生まれるよう全体的に見直しました。発見とつけ回しのシステム自体も、結果が予測しやすく理解しやすくなるようチューンアップしました。

アーカイブ

  • 学術書の番号を、ローマ数字 (I、IIなど) からアラビア数字 (1、2など) に変更しました。
  • グリフチャレンジと両陣営共通チャレンジの説明文を、よりわかりやすくなるよう変更しました。
  • 学術書8『救出』: チャレンジ“血の恩義”の目標回数を10回→5回に変更しました。

ゲームエンジンのアップデート&ダウンロードサイズに関する注意

  • アップデートごとのダウンロードサイズを改善は継続して行っていますが、今回のアップデートでゲームエンジンの更新を行うため、通常よりダウンロードサイズが大きくなります。

ゲーム機本体のバージョンに関する注意

  • Nintendo Switch: オーリックセルの購入に問題が発生する場合、ゲーム機本体のファームウェアを14.1.0-1.0以降にアップデートしてください。

問題の修正

  • “治療シアター”: シャワー室の排水溝から水が溢れるエフェクトが、床よりやや高い位置に浮いて表示されていた問題を修正しました。
  • 破壊可能壁の片側が下り坂であるとき、浮いた破片が表示される問題を修正しました。
  • エース: 殺人鬼の視点で、ドリームワールドにいるエースの中折れ帽子が頭に埋まって見える問題を修正しました。
  • ジェイク:  ドリームワールドで“一匹狼のベストジャケット”が明滅する問題を修正しました。
  • ネア: デフォルトの胴部スキンを装備中、ドリームワールドで様々な動作を取ったときに胴体の輪郭が乱れる問題を修正しました。
  • ユンジン: ドリームワールドで“ファイヤームーンの哀悼者”の表示が乱れる問題を修正しました。
  • “コールドウィンド・ファーム”: ドリームワールドで、空に荒いテクスチャーの線が表示される問題を修正しました。
  • “ハドンフィールド”: ドリームワールドで空の表示が乱れる問題を修正しました。
  • 怨霊: 念写したあとにテレビの後ろ側から脚が突き抜ける問題を修正しました。
  • アッシュ: 他の生存者を選択中にも、ときどきアッシュのセリフが字幕で表示されることがある問題を修正しました。
  • 「生存者でプレイ」の生存者設定がカスタムマッチに引き継がれることがある問題を修正しました。
  • カスタムマッチのロビーで警告文が表示されない問題を修正しました。
  • マッチ後の読み込み画面が表示されているときにゲームのウィンドウを最小化すると、ゲームが固まる問題を修正しました。
  • 解像度を100%未満に設定していると、チュートリアルの説明文の表記が乱れる問題を修正しました。
  • サポートメニューにリストをスクロールするためのUIが誤って表示されている問題を修正しました。
  • コントローラーのポーズボタンを押しても、ポーズ/オーバーレイの画面を閉じることができない問題を修正しました。
  • カスタムマッチの結果画面で、報告ボタンが無効化されていない問題を修正しました。
  • アーカイブ: 抄録のチャレンジを達成してもウィジェットに達成したことが表示されない問題を修正しました。
  • “トンプソン・ハウス”: 建物の中から投擲物を投げると窓をすり抜ける問題を修正しました。
  • エクセキューショナー: 贖罪の檻内で死亡した生存者の状態が処刑ではなく殺害になり、他に様々な影響を及ぼす問題を修正しました。
  • エクセキューショナー: メメント・モリまたは最後の審判で生存者を殺害したときのエフェクトが、アニメーションが終わったあとにも表示される問題を修正しました。
  • 生存者: 贖罪の檻の中でパーク“アドレナリン”の効果が発動したとき、T字のポーズを取ったままになる問題を修正しました。
  • 生存者: 贖罪の檻から救出されたとき、一瞬だけ瀕死状態の表示になる問題を修正しました。
  • ナイトメア: ドリームスネアの上に立っているときに、別のドリームスネアを設置できない問題を修正しました。
  • アーティスト: “治療シアター”の出口付近でさいなむ害鳥を使った直後に不吉なカラスが消える問題を修正しました。
  • セノバイト: 憑依鎖が瀕死状態の生存者の上にある見えない壁に当たる問題を修正しました。
  • レイス: 透明化を解除していても、生存者視点で透明に見えることがある問題を修正しました。
  • レイス: アドオン“「蛇」- 煤” を装備中に、透明状態で発電機の破壊をキャンセルしたとき、レイスが透明に見えないことがある問題を修正しました。
  • カニバル: アドオン“市販の潤滑剤”が、チェーンソーで瀕死にさせた生存者のオーラを隠さない問題を修正しました。
  • ツインズ: ヴィクトルが結果画面で表示されない問題を修正しました。
  • ハグ: 瀕死状態の生存者が罠の上に乗っていると、他の生存者が近づいてもその罠が発動しない問題を修正しました。
  • ハグ: アドオン“変形した耳”が、生存者を何も聞こえなくしない問題を修正しました。
  • 生存者: フック第2段階の生存者の救助に失敗すると、スキルチェックの進行度がリセットされる問題を修正しました。
  • “ダンス・ウィズ・ミー”: クールダウンがアイコン上に表示されない問題を修正しました。
  • シェイプ: “千里眼”を使用中の生存者を特殊メメント・モリ (“墓石”系アドオン) することができない問題を修正しました。
  • 千里眼: 使用中に瀕死になっても使用が中止されない問題を修正しました。
  • ボイルオーバー: 殺人鬼が装備している生存者を持ち上げてもアイコンが表示されない問題を修正しました。
  • 殺人鬼: 地下室のロッカーの前で瀕死になった生存者を持ち上げられなくなることがある問題を修正しました。
  • 生存者: 叫び声をあげている最中に負傷から瀕死になると、叫ぶアニメーションが2回再生される問題を修正しました。
  • 『現代物語』コレクションのスキンを装備して外すと、専用BGMが流れ続けることがある問題を修正しました。
  • プレイグ: 通常攻撃の途中、武器が透明になる問題を修正しました。
  • 生存者: 儀式の開始直後、一時的に何も聞こえなくなることがある問題を修正しました。
  • デモゴルゴン: シュレッドが命中しなかったとき、雄叫びをあげないことがある問題を修正しました。
  • ゴーストフェイス: 生存者に発見されたときの効果音がマップ全体に聞こえる問題を修正しました。
  • 臓器の潰瘍が電動扉を開けなくすることがある問題を修正しました。
  • Stadia: Crowd Choice機能で怨霊を指定できない問題を修正しました。
  • Steam: Steamのメンテナンス中、ゲームに接続できなくなることがある問題を修正しました。
  • ゲーム内ストアとロビーを切り替えると、生存者が透明になることがある問題を修正しました。
  • DLCキャラクターやオーリックセルを購入できないことがある問題を修正しました。
  • PC: ゲームを終了後、マウスの動きが遅くなることがある問題を修正しました。
  • 誤った切断ペナルティが付与されることがある問題を修正しました。
  • フレンドリストが正常に更新されないことがある問題を修正しました。
  • 怨霊: 生存者がビデオを挿入して電源を切った後も効果音が聞こえ続けることがある問題を修正しました。
  • “ガス・ヘヴン”: 殺人鬼がガレージのドアを攻撃したとき、誤った効果音が流れる問題を修正しました。
  • キング: 呼吸音がマップ全体に聞こえる問題を修正しました。
  • ゲームマニュアルからゲームを開始するメニューに戻ったとき、BGMが停止する問題を修正しました。
  • ゴーストフェイス: しゃがんでいる時の効果音が、しゃがみながらパレットや破壊可能壁を破壊しているときも聞こえる問題を修正しました。
  • 生存者: 効果時間が有限である出血状態で負傷から無傷に回復すると、叫び声をあげる問題を修正しました。
  • 設定を変更して設定画面を閉じると、画面が閉じる前に表記が消える問題を修正しました。
  • マッチ中の得点行動表示が消えるのが早すぎることがある問題を修正しました。
  • 結果画面で、ボタンを連打しながら観戦モードに入ると真っ暗な画面になることがある問題を修正しました。
  • “バダム幼稚園Ⅳ”: 幼稚園の地下に降りる階段の手すりに意図しない透明な壁がある問題を修正しました。
  • “ペイル・ローズ”: 特定の発電機が、特定の方向から修理できない問題を修正しました。
  • “ラクーンシティ警察署”: 図書室の2階にフックが生成されないことがある問題を修正しました。
  • “ラクーンシティ警察署”: 記者会見室で、トーテムへのインタラクトを利用してスピーカーやテーブルの上に乗れる問題を修正しました。
  • “ギデオン食肉工場”: 2階の特定の場所で瀕死となった生存者を持ち上げられないことがある問題を修正しました。
  • “バックウォーター・スワンプ”: 坂道の近くにある隙間が、通り抜け出来そうに見える問題を修正しました。
  • “ディスターブド・ウォード”: 殺人鬼の小屋の近くに狭くて通れない隙間が生成されることがある問題を修正しました。
  • “ペイル・ローズ”: 船の近くで瀕死になると、岩の上に登れることがある問題を修正しました。
  • ナイトメア: 生存者視点で、ドリームワールド内で地下室に行くと画面が暗くなる問題を修正しました。
  • Nintendo Switch: メインメニューでフレームレートが低下する問題を修正しました。
  • 殺人鬼ロビーとメインメニューを行き来したとき、表示がおかしくなることがある問題を修正しました。
  • Xbox One: マッチ中にクイック起動モードやクイックサインインを有効にするとロード画面でスタックする問題を修正しました。
  • “呪術:破滅”: “呪術:不死”と同時に装備したとき、 “呪術:不死”の呪いが破壊されたあと修理されていない発電機が自動的に後退しなくなることがある問題を修正しました。
  • ナース: 回線品質が悪い状態でプレイしていると、2回目のブリンクが最長距離で即座に発生することがある問題を修正しました。
  • トリックスター: 生存者を通常攻撃すると、すべての生存者の裂傷メーターが減少する問題を修正しました。
  • カニバル: チェーンソー攻撃のクールダウンが、2秒ではなく3秒になっている問題を修正しました。
  • セノバイト: メメント・モリ中、生存者が透明になることがある問題を修正しました。
  • Stadia: 逆回転スキルチェックの動作が不安定となる問題を修正しました。
  • ツインズ: ヴィクトルが飛び付きをチャージ中、インタラクションバーの横に手のマークが表示される問題を修正しました。

PTB 5.7.0からの変更点

以下の項目は、Steam版で行われたパブリックテストビルド (PTB) からの変更点です。ライブバージョンからの変更点ではありませんのでご注意ください。

新要素&ゲームバランス調整

  • ゴーストフェイス: 専用BGMを更新しました。
  • ナイトメア: アドオン“Zのブロック”の、出血頻度を変更する効果を再度追加しました。
  • 出血状態の生存者が瀕死状態のとき、治療進行度が後退する効果を削除しました。
  • ゴーストフェイス&シェイプ: 技術的な仕様変更に伴い、つけ回しと発見&凝視に関する値を調整しました。
  • リージョン: 通常攻撃が命中したとき、能力ゲージが減少する仕様を削除しました。
  • リージョン: 以下のアドオンの効果を変更しました。“フランクのミックステープ”、“ジュリーのミックステープ”、“盗まれたスケッチブック”、“刺し傷の研究”、“永遠のベストフレンド”、“エッチングされた定規”

アーカイブ

  • 学術書11『献身』を4月29日午前0時から開始します。
  • 学術書8『救出』: チャレンジ“血の恩義”の目標回数を10回→5回に変更しました。

問題の修正 (PTB 5.7.0より)

  • 生存者がロビーに入ったとき、プレイヤー名が表示されないことがある問題を修正しました。
  • リージョン: フックに吊られている生存者に愚連の切り裂きを命中させると、コンボとしてカウントされる問題を修正しました。
  • リージョン: “ミックステープ”系アドオンを使用すると、その次のマッチでもBGMの変化が継続する問題を修正しました。
  • リージョン: アドオン“煙を吐くミックステープ”の効果が、愚連の狂乱開始時に修理されていなかった発電機に対して発動しない問題を修正しました。
  • リージョン: アドオン“フランクのミックステープ”を使用すると、破壊可能壁や発電機を破壊するときに使用される新アニメーションの効果音が再生されない問題を修正しました。
  • リージョン: アドオン“友情のブレスレット”を使用すると、突進ではなく攻撃アニメーションが延長される問題を修正しました。
  • シェイプ: 内なる邪悪ティア3になった後も凝視を続けられる問題を修正しました。
  • 生存者: 出血状態のとき、治療スキルチェックを失敗したときの硬直中も治療進行度が後退する問題を修正しました。
  • “ずさんな肉屋”: “ずさんな肉屋”により出血状態になると、治療進行度の後退が想定より遅くなる問題を修正しました。
  • 生存者: パークによって出血状態となり、治療中に医療キットを使い果たすと、治療進行度バーのアニメーションが正しく動作しなくなる問題を修正しました。
  • “ハドンフィールド”: 屋内の照明が想定よりも暗くなる問題を修正しました。
  • “ハドンフィールド”: 屋内2階の一部窓枠が、乗り越えできるように見え混乱を招く問題を修正しました。

無料のDBD アプデ 2.47をダウンロードしてください。

Advertisement
Share
Tags: DBDアプデ