Patch Notes

DBDアプデ(アップデート)2.39の最新情報 | パッチノート(Ver 5.4.2)

Advertisement

[デッド バイ デイライト] DBD アプデ 2.39(Ver 5.4.1)がPS4およびXbox Oneプレーヤーでダウンロードできるようになりました。公式のDBDパッチノート2.39によると、最新のアップデートはゲームのさまざまな問題を解決します。これとは別に、今日の dbdパッチ2.39 (5.004.200)にはパフォーマンスの向上も含まれています。

以前は、大きなアップデートは-新しいキラー追加疫病、新しいサバイバー-フェリックス・リヒター、とはるかに。

残念ながら、前回のパッチ以降、プレイヤーはゲームのプレイ中にまだいくつかの問題を経験しています。

Advertisement

今日のデッド バイ デイライトtアプデ2.38は、これらの問題のいくつかを修正することが期待されています。

DBDアップデート2.39パッチノート (5.4.2) – 2021年12月16日

最適化

  • アーティスト: さいなむ害鳥をすべて同時に使ったときのパフォーマンスを改善しました。

問題の修正

  • グラフィック設定のクオリティがLowかMediumのときに、解像度の%を示すスライダーが変化しない問題を修正しました。
  • キャラクター情報に翻訳されていない文字列がある問題を修正しました。
  • 設定画面の言語設定欄がタブと重なることがある問題を修正しました。

セノバイト: ルマルシャンの箱を所持している生存者を捕獲するか瀕死状態にしたとき、ルマルシャンの箱の効果音や演出が止まる問題を修正しました。

  • サファケーション・ピット: 主要建築物にある地下室への階段の最上段に、一方向のみ見えない壁がある問題を修正しました。
  • カラスの巣: 殺人鬼が登ることが可能な岩から木に落下したとき動くことができなくなる問題を修正しました。
  • おぞましい貯蔵室: 殺人鬼が岩の隣にある発電機を特定の方向から破壊できない問題を修正しました。

アーティスト: アドオン“切断された手”を装備しているとき、一部の生存者に対して不吉なカラスの群れが不適切に拡がる問題を修正しました。

  • 実績“うろつき魔” がアーティストでプレイ時のみ進行する問題を修正しました。
  • “呪術:狩りの興奮”: ”呪術:ペンティメント”でトーテムを復活させてもトークンが増えない問題を修正しました。
  • “是正措置”: 協力してくれている生存者がスキルチェックに成功してもトークンが消費される問題を修正しました。
  • セノバイト: 女性生存者に対してメメント・モリを使用すると、効果音のみがループする問題を修正しました。
  • ネメシス: 触手打撃をチャージしているとき、足音が二重に再生される問題を修正しました。
  • スピリット: 殺人鬼側で専用のチェイスBGMが再生されない問題を修正しました。
  • ”ラクーンシティ警察署”: ゲーム内イベント『極寒』で、生存者が特定の位置にある雪だるまに入ると動けなくなることがある問題を修正しました。
  • ゲートが開放可能になる数の発電機の修正が完了したとき、残りの発電機のライトが付かず、効果音が発生されない問題を修正しました
  • “呪術:破滅”: 発電機を修理している際中にも進行度が後退するときの火花が出る問題を修正しました。
  • カニバル: アドオン“玉虫色の刃”を装備しているとき、チェーンソーの回転数を上げる度にチャージを獲得する問題を修正しました。

無料のDBD アプデ 2.38をダウンロードしてください。

Advertisement
Share
Tags: DBDアプデ