Patch Notes

Apex アップデート(アプデ)1.15パッチノート (PS4)

Advertisement

Apex Legendsアップデート1.15が、PS4、PC、およびXbox Oneのプレーヤー向けにリリースされました。 Apex Legendsアップデート1.15パッチノートによると、最新アップデートにはさまざまなバグ修正とゲームプレイの変更が含まれています。これとは別に、新しいApex アプデ1.15には安定性とパフォーマンスの向上も含まれています。

以前、メジャーアップデートがリリースされ、新しいLegend(Wattson)、新しい武器(The L-Star)などでApex Legends Season 2を開始しました。残念ながら、最後のパッチ以来、多くのプレイヤーがゲームをプレイしようとしたときに多くの問題を経験しています。本日のApex Legends 1.15アップデートでは、これらすべての問題が修正される予定です。詳細は下記をご覧ください。

Apex Legendsアップデート1.15パッチノート

  • メニューから見たときにライフラインのD.O.C.のShock Finisherプレビュービデオが再生されない問題を修正しました。
  • 統計ページのテキストオーバーフローに関する問題を修正しました。
  • ゲームロジック、クライアント、およびスクリプトエラーに関連したクラッシュのいくつかのケースを修正しました。
  • プレイヤーが最適ではないデータセンターに配置されるケースを修正しました。
  • シーズン1の統計は、問題の解決に向けて一時的に削除されました。
  • [Octane’s loading screen]前にプレイヤーがレベル94バトルパスの報酬をアンロックするというバグを修正しました。
  • HAVOCが充電せずにフルオートを発射する可能性があったエクスプロイトを修正しました。
  • Care Packageが地図のジオメトリを通してクリッピングするケースを修正しました。
  • Apexパッチ1.15のクラッシュ問題に対処しました。
  • 吃音/ラグの問題に対する修正を追加しました。
  • Apexアプデ1.15では、いくつかの不具合が修正されました。
  • フレームレートドロップとフリーズ問題に対処しました。
  • パフォーマンスと安定性の向上に対処しました。
  • その他のマイナーな修正と変更を加えました。

Apex Legendsアップデート1.15がPS4、PCおよびXbox Oneでダウンロードできるようになりました。

Advertisement
Advertisement
Share