Patch Notes

マインクラフトPS4アップデート2.29パッチノート – 1.17.30

Advertisement

[Minecraft] マイクラ(マインクラフト)PS4アップデート2.29(1.17.30)がダウンロードできるようになりました。 公式のマインクラフトアプデ2.29パッチノートによると、最新のアップデートではゲームにいくつかの生活の質の改善が追加されました。 これとは別に、マイクラアップデート2.29では、全般的な安定性も向上しています。

以前、アップデート1.16.42はPSVRサポートのサポートを追加しました。 残念ながら、プレイヤーはまだゲームの問題に直面しています。 本日のMinecraftアップデート2.29では、これらの問題のいくつかが修正されます。

詳細については、以下をご覧ください。

Advertisement

[マインクラフト]Minecraftアップデート2.29情報 – 1.17.30

新機能:

リスポーンブロックがゲームルールを爆発させる

  • 「RespawnBlocksExplode」ゲームルールを追加しました。これは、Respawn Anchors andBedsが爆発するのを防ぐために使用できます=

構造ブロック:コーナーモード

  • コーナーモードは、保存モードの[検出]ボタンとともに使用して、保存する領域を定義します。保存されている構造と同じ名前のコーナーブロックのみが検出されます

実験的特徴:

Caves&Cliffs:Part IIの実験的な機能がこのアップデートで利用可能になり、ワールド作成画面で有効にできます。

これらの機能は進行中であり、まだ開発中であり、変更される可能性があることに注意してください。それらをアクティブにすると、世界がクラッシュしたり、壊れたり、将来のアップデートで機能しなくなったりする可能性があります。実験的な機能は、ワールドの作成後にオフにすることはできません。

詳細については、実験的な機能の有効化に関する記事を参照してください。

モンスターの産卵

  • モンスターは完全な暗闇の中でのみスポーンするようになりました
  • この変更は、新しい大きな洞窟を照らし、モンスターの産卵から安全にするプレーヤーの能力のバランスをとるために行われます。
  • この変更はブロックライトにのみ影響し、スカイライトには影響しないことに注意してください

マルチノイズワールドジェネレーション

  • より自然な地形とバイオーム遷移を作成する、新しく改良された地形とバイオーム生成アルゴリズム
  • ブロックが水中と地下で生成されるタイミングの違いを検出する改良された表面装飾
  • 世界の世代に大きな鉱脈を導入し、鉱業により多くの戦略を追加します
  • Minecraftアップデート2.29は、世界の世代に麺の洞窟を導入し、大きな洞窟の間に小さな経路を作成します
  • 新しいノイズ洞窟へのアクセスを容易にする乾燥した洞窟の入り口の可能性を紹介します
  • 原点に近い適切なスポーン位置を見つける新しいアルゴリズムを導入
  • データ駆動型のディメンションの高さ範囲をサポートするために、絶対Yインデックスによってサブチャンクを保存およびロードするロジックが追加されました

変更点:

  • [実績]ボタンを更新し、[プロファイル]画面から[メインメニュー]画面と[一時停止]画面に移動しました

修正:

パフォーマンス/安定性

  • ブック&クイルへのUnicodeテキストの最適化された貼り付け
  • ゲームプレイのヒントを有効にしてクラフティングテーブルを作成するときに発生する可能性のあるクラッシュに対処しました
  • iOSのクライアントとしてオンラインセッションでプレイしているときにインターネットから切断した後に発生する可能性があるクラッシュに対処しました
  • 大規模なMarketplaceワールドをダウンロードするときに発生する可能性があるクラッシュに対処しました

ゲームプレイ

  • Caves&Cliffsの実験的トグルが有効になっているワールドは、同じシードを使用した実験がないワールドと同じデフォルトのワールドスポーン位置を持つ可能性が高くなります。
  • 目覚めたときにプレイヤーをダメージを与えるブロックに配置しないようにし、プレイヤーが入ったベッドの横にプレイヤーを配置しようとすることで、ベッドの動作からのリスポーンをJavaEditionと一致させました
  • チャンクの間に配置されたネザーポータルは、ネザーを離れるときに壊れなくなりました
  • ダメージを与えるバフ効果は、吸収ハートをバイパスしなくなりました
  • エンチャントテーブルのエンチャント確率が加重されるようになりました
  • 負の世界の高さで降車するときの誤った位置に対処しました
  • 放棄された村は今でははるかにまれであり、JavaEditionとより密接に一致しています
  • 放射照度キャッシュのサンプルサイズを増やすことにより、レイトレーシングモードでの放射光の伝播に対処
  • 足場に落ちるときに落下ダメージが適用されなくなりました

モブ

  • 地図製作者は、未発見のモニュメントにのみマップを提供するようになります
  • JavaEditionによりよく一致するようにIronGolemスポーンロジックを調整しました
  • アホロートルは、バブルカラム内ではなく、その下に最大10ブロックの石がある場合にのみスポーンするようになりました。
  • バケツで魚やアホロートルを集めてもすぐに解放されなくなりました
  • アーマースタンドは、火や溶岩によって破壊されたときに装備アイテムをドロップするようになりました
  • スポーンできるファントムモブの最大数を制限しました
  • ヤギは「インパクト3」の音を鳴らします
  • 成長したヤギは、世界をリロードするときに角を失うことはもうありません
  • 子ヤギはもはや角を持っていません
  • スケルトンが弓を保持するために両腕を使用しないというアニメーションのパリティの問題に対処しました
  • パウダースノーの近くに立っているアンデッドのmobが正常に燃えるようになりました
  • アンデッドモブの上のパウダースノーが燃焼効果を防ぐようになりました
  • 複数のシュルカーは、スポーンエッグまたはエンドシティジェネレーションから同じ位置にスポーンすることができなくなりました
  • モブはアメジストの芽の上に立っているときに正しくパスを見つけることができるようになりました
  • ブロックの下にあるMobに稲妻がランダムに当たることはなくなりました
  • 構造ブロックのプレビューウィンドウから表示したときに、アドレス指定されたMobが誤ったジオメトリでレンダリングされることがあります
  • 実験的特徴:ウィザーは負の高さでスポーンできるようになりました
  • ガストは5x4x5未満の領域でスポーンしなくなりました
  • マグマキューブは3x3x2未満の領域でスポーンしなくなりました
  • ミディアムマグマキューブのヒットボックスが大きくなりました
  • Thornsエンチャントが暴徒にノックバックするようになりました

ブロック

  • 洞窟のつる植物はミツバチによって受粉できるようになりました
  • エンチャントテーブルが光レベル7を発するようになりました
  • ポインテッドドリップストーンの落下位置がわずかにオフセットされなくなりました
  • トウヒとカバノキの葉のバイオーム着色を無効にする
  • 構造ブロックをロードすると、バブルカラムが正しく配置されるようになりました
  • バニラパリティ:モスブロックでボーンミールを使用すると、凝灰岩ブロックも置き換えられるようになりました
  • 草と水のブロックの色合いの色がノイズでわずかにランダム化されなくなりました
  • 保持されているときにアドレス指定されたライトブロックが正しく表示されない
  • しだれとねじれのつるは、プレイヤーがそれらを壊した後、正しく成長するようになりました
  • チェスト付きトロッコは、アドバンスピックがブロックされたときにチェストの内容をコピーするようになりました
  • クリムゾンルーツは、ボーンミールを使用しているときにワープドニリウムブロックで成長する可能性がわずかにあります
  • キャンドルケーキがピストンによって押されると、キャンドルがドロップするようになりました
  • 名前が変更された構造ブロックの作成時に誤ったデータモードがなくなりました
  • Unicodeフォントが、光るテキストのある標識で正しく強調表示されるようになりました
  • 南、東、または西に面して配置されたカボチャは、シルクタッチツールで採掘された場合、村人との取引に使用できるようになりました
  • サポートブロックなしで配置されたキャンドルにキャンドルを追加することはできなくなりました
  • シュルカーボックスは、世界の高さ制限でディスペンスされたときにディスペンサーに残るようになりました
  • モンスタースポナーはもう発光しません
  • パウダースノーをディスペンサーで集めることができるようになりました
  • ターゲットブロックがレッドストーン信号を伝導するようになりました
  • レイトレーシング対応ハードウェアの地図に描かれた標識からのアドレス指定されたテキスト
  • アメジストクラスターとアメジストバッドをグラスパスブロックに配置できなくなりました
  • 「DeepslateLapisOre」から「DeepslateLapisLazuliOre」の名前を修正
  • ベッドの足が頭よりも明るい領域にある場合の対処済みベッド表示
  • 胸全体を照らすために胸の最も明るい端が選択されるように、大きな胸のディスプレイに対処しました
  • ディスペンサーは、水を除去するときに気泡塔を除去するようになりました
  • 海のピクルスは、水中にいるかどうかに応じて光を変えるようになりました
  • 松明などからの光で雪層が溶けるようになりました
  • バニラパリティ:落下する重力ブロックが特定のブロックに着陸したときに壊れなくなりました
  • エンチャントテーブルの本の半分はもう暗くなりません
  • ピストンによって移動されたブロックは、移動中に白く表示されなくなりました
  • 胞子の花にランダムにオフセットされたヒットボックスがなくなりました
  • SporeBlossomsのヒットボックスの測定値がJavaEditionと一致するようになりました
  • モスブロックとモスカーペットはピストンによって動かされたときに壊れ、スティッキーピストンはそれらを引っ張ることができなくなりました

ポインテッドドリップストーンから滴り落ちる水は、大釜をポーションで満たすことができなくなりました。申し訳ありませんが、それは楽しいことでしたが、圧倒されすぎました。

  • スライムとハニーブロックの動きの速度低下がプレイヤーに完全に適用されない原因となる問題に対処しました
  • ライトブロックを保持している間、ライトブロックが再び表示され、明るさの値が適切に表示されます
  • ライトブロックを保持しているときにそれらを破壊するときに、アドレス指定されたライトブロックが削除されない
  • ライトブロックの明るさを操作するときに調整できない問題に対処しました
  • バリアブロックを保持していないときに破壊可能であるバリアブロックに対処

アイテム

  • シュルカーボックスは、アイテムとして破壊されたときにその内容をドロップするようになりました
  • Bows andTridentsはJavaEditionと同様に保持されるようになりました
  • 滑走中にコーラスフルーツを食べると、プレイヤーに落下ダメージが与えられなくなりました
  • 剣が一回のスイングで竹を壊すようになりました

Minecraft 2.29は、Marketplaceスキンを使用して追加のプレーヤーがインターネット経由で接続されている場合に、Trident、Shield、およびCrossbowが正しくレンダリングされない可能性があるバグに対処しました。

  • カスタムスキンを使用しているときにSpyglassがスローされているように見える可能性があるバグに対処しました
  • パウダースノーで満たされた大釜でパウダースノーバケットを使用しても、新しいパウダースノーブロックが作成されなくなりました
  • 時計とコンパスのアイテムがレシピブックで機能しなくなりました
  • 溶岩バケツを空にして、溶岩で満たされた大釜に入れることができるようになりました
  • Minecraftバージョン2.29は、サードパーソンの視点でプレイヤーの腕にクリップするオフハンドシールドに対処しました
  • マーケットプレイスマップでシールドを保持しても、コンテンツエラーが表示されなくなりました
  • プレイヤーから遠く離れたときに発射物がよりスムーズに動くようになりました
  • ストロング/ロング/スプラッシュ/リンギングポーションを手動で醸造スタンドに配置できるようになりました
  • ソウルスピードブーツは、耐久性を失った後、適切に装備を解除できるようになりました
  • HoglinStableチェストで見つかったDiamondPickaxesがエンチャントされました
  • インベントリの保持ゲームルールが有効になっているときにプレーヤーが死亡した後、他のプレーヤーに視覚的に消えないアドレス指定された保留アイテム
  • 鋏はブドウの木とグロー地衣類をより速く正しくカットするようになりました
  • CampfiresとSoulCampfiresがインベントリにスタックするようになりました

オーディオ

  • アメジストの歩行音が「プレーヤー」の音量スライダーの影響を受けるようになりました
  • ディープスレートの歩行音が「プレーヤー」の音量スライダーの影響を受けるようになりました
  • モスブロックのウォーキングサウンドは、「プレーヤー」のボリュームスライダーの影響を受けるようになりました
  • パウダースノーの中/上を移動する音は、「プレーヤー」ボリュームスライダーの影響を受けるようになりました

ブロックへのジャンプと着陸のサウンドが「プレーヤー」ボリュームスライダーの影響を受けるようになりましたドリップストーンドリップサウンドが「ブロック」ボリュームスライダーの影響を受けるようになりました

  • ブロックインタラクションの「クリック」サウンドは、「ブロック」ボリュームスライダーの影響を受けるようになりました
  • Turtle Eggsは、Sandに配置されたときにBoneMealサウンドを生成しなくなりました
  • レバーのトグルサウンドを入れ替えて、JavaEditionと同等になりました
  • 完全に満たされた大釜でウォーターバケットを使用すると、正しいサウンドが生成されるようになりました

アクセシビリティ

  • テキスト読み上げチャットの設定により、チャットメッセージが再び正しくナレーションされます
  • Text toSpeechがインベントリ内のアイテム名を正しく読み取るようになりました
  • インベントリグリッドスロットは、テキスト読み上げフォーカスコントロールで二重にカウントされなくなりました

Minecraftパッチ2.29でのユーザーインターフェイスの変更

  • ホットバーがXPバーと1ピクセルずれていることに対処
  • アンチエイリアシングを増やしても、ホットバーが暗くなりすぎなくなりました
  • マルチプレイヤーセッション中に十字線がちらつくことはなくなりました
  • タッチインターフェイスを使用して、StonecutterまたはLoomの出力スロットを保持すると、アイテムをすばやく作成できるようになります
  • 依存関係がないパックをアクティブ化しようとしたときの誤ったポップアップに対処しました
  • 大文字を含む一部のキーの翻訳の問題に対処しました
  • マーケットプレイスでローディングバーを新しいローディングスピナーに置き換えました
  • レシピブック作成の見積もりは、実際の結果と変わらなくなりました
  • カーソルアイテムがレシピブックのレシピ材料にカウントされなくなりました
  • レシピブックで選択したレシピは、プレイヤーが材料を使い果たしたときに選択解除されるようになりました
  • 検索メカニズムを使用すると、作成できないレシピがレシピブックに表示されなくなりました
  • 他の材料が利用できない場合、ネザーブロックがクラフトグリッドに表示されるようになりました
  • プレーヤーが有線ネットワーク経由で接続されたときに表示されるワイヤレスネットワーク接続エラーメッセージに対処しました
  • CharacterCreatorのさまざまなスペルミスに対処しました
  • フルロードが完了する前に、ウィジェットボタンのホバーが破損した外観を示していました
  • 一部の日本語フォント文字の読みやすさの問題に対処しました
  • 動物に乗ると、非タッチスクリーンでプレイしたときに正しいツールチップ用語が表示されるようになりました
  • ベータワールドをロードするときに、実験的な警告メッセージが一貫して表示されなくなりました
  • チャットを開く方法のデバッグ文字列が表示されなくなりました
  • リソースパックで変更された場合、アイテムカテゴリのテキストの色がアイテムのテキストの色と一致しない問題に対処しました
  • Minecraft 2.29は、一部のテクスチャパックでLoomのパターンが正しく表示されない問題に対処しました
  • ゲーム内でCtrl + Bを押したときにエモートホイールが表示されなくなりました
  • Windows 10でゲームを一時停止した後、アドレス入力方式エディター(IME)が機能しない
  • 一部のマーケットプレイスおよびドレッシングルーム関連の画面に新しいサイドバーを追加して、これらの領域をナビゲートするエクスペリエンスを向上させました。
  • レシピの選択を解除するときにアニメーションを転送するアイテムがあります
  • 新しい言語が読み込まれたとき、または現在の言語が変更されたときに、サイドバーのテキストが適切にローカライズされるようになりました
  • サインインボタンがマーケットプレイスボタンの後ろに表示される可能性があるバグに対処しました
  • 読みやすさと正しい文字の使用法に対処するために、日本語ロケールでWindowsおよびXboxプラットフォームのNoto SansSmoothフォントに対処しました
  • 一部の表示言語の行末に誤って表示されるアドレス指定された「CR」文字
  • VRの新しいアチーブメント画面を有効にしました(PS VRは含まれません)
  • ルートダートにサインを配置すると、テキストエディタが正しく開くようになりました
  • サインインダイアログは、PlayStation4のプライマリプレーヤー以外のユーザーには分割画面ゲームで表示されなくなりました
  • ストラクチャーブロック画面で透明になっている飼いならされたオオカミに対処

レルム

  • 特にNintendoSwitchでのレルムメニューの応答性の向上
  • 「ワールドのダウンロード」ボタンは、期限切れのレルムのワールドに表示されるようになりました
  • 2人のプレイヤーのレルムは10人のプレイヤーのレルムの制限にカウントされなくなりました
  • リセットが行われている間、レルムのリセットボタンがロード画面に移動するようになりました
  • レルムスロット画面がより速く開き、時間がかかる場合はロードダイアログが表示されるようになりました
  • レルムバックアップページには、テキストの重複の問題を防ぐために、最新の1100レルムバックアップのみが表示されるようになりました。
  • レルムでアクティブなワールドスロットを切り替えると、「FetchingWorldInfo」プロンプトがスパムされなくなりました
  • レルムの名前変更は、プレイ中にすぐに有効になります
  • Minecraft 2.29は、ユーザーインターフェイスまたは「/ kick」コマンドを介してプレーヤーをキックできないといういくつかの問題に対処しました
  • 再生画面のRealmsPlusトライアルボタンのテキストは、ホバーしたときに変更されなくなりました
  • [プライバシーポリシーの表示]ボタンを押すと、NintendoSwitchで正しく開くようになりました

コマンド

構造体がコマンドを使用してアンロードされた領域に配置され、その構造体が削除された場合に発生する可能性があったクラッシュに対処しました。次元間でモブをテレポートしても、モブがデスポーンすることはなくなりました

  • ‘/ structure’コマンドを使用して構造をロードすると、正しい出力メッセージが表示されるようになりました

技術的な更新:

更新されたアドオンテンプレートパック

  • 1.17.30の更新されたアドオンテンプレートは、新しいリソース、動作、およびドキュメントとともにダウンロードできます。
    • リソースパックテンプレート
    • Behavior Packテンプレート(含まれています

ゲームプレイ

  • データドリブンブロックをクリエイティブメニューに追加できるようになりました
  • EducationEditionの新しい化学物質の削減をJSONファイルで定義できるようになりました
  • 「potion.prefix」と「potion。.postfix」 ポーション文字列リソースは 「potion」に名前が変更されました。名前”
  • ポーション名の文字列リソースが変更されたため、「スプラッシュ」と「リンガリング」の文字列リソースが別々になりました
  • 「potion.prefix」と「potion。*。postfix」を使用する古いスタイルは引き続きサポートされます
  • UIバインドオブジェクトが「無視」フィールドを利用できるようになりました
  • 一人称ビューで表示されるアタッチメントは、後方にレンダリングされなくなります

修正

  • エンティティがタグコンポーネントの初期化に失敗する可能性があるバグに対処しました
  • フォグを使用しているときに、広い囲まれた領域の壁を通り抜けて空がレンダリングされなくなりました
  • アイテムコンポーネントのドキュメントフォーマットと、リソースパックおよびビヘイビアパック内での動作を更新しました
  • ウォーターバケットを使用した魚の収集は、古い世界のテンプレートを壊さないようにバージョンロックされています
  • NPCダイアログを編集する際の対処されたコントローラーのサポート
  • ‘behavior.knockback_roar’に垂直方向と水平方向の強度値が追加されました
  • テクスチャアトラスのミップマップレベル1のHDテクスチャのパディングを調整して、テクスチャのにじみを修正しました
  • 戦利品テーブルのエントリタイプが不明なカスタムmobを強制終了しても、クラッシュが発生しなくなり、コンテンツエラーがスローされるようになりました。
  • initialEventが指定されたウサギは、成体のウサギのサイズに適切にスケーリングされるようになりました
  • spawns_on_block_filterと同様に、spawns_above_block_filterはブロックのリストと距離を指定します。モブは、目的のスポーンポイントより下の指定された距離内の最も近いブロックがそのリストにある場合にのみスポーンできます(水と空気は含まれません)。「minecraft:spawns_above_block_filter」:{「blocks」:「minecraft:stone」、「distance」:10}
  • ‘DamageableItemComponent’のドキュメントが改善されました
  • ‘spawn_entity’コンポーネントでスポーンされた発射物の発射点の位置オフセットを追加する機能に対処しました
  • ‘spawn_entity’コンポーネントでスポーンされた発射物の発射ベクトルに角度オフセットを追加する機能に対処しました

Minecraftアップデート2.29は、インタラクションを通じて召喚された発射物に対してオフセットが機能しないことに対処しました。新しいパッチは、射手が別のエンティティに乗っている場合にのみ反映される発射物の「angleoffset」値にも対処しました

  • 発射物のオフセットが指定されている場合の、暴徒の周りの発射物の発射点の回転に対処しました
  • UI jsonフィールド「ignored」の解析は、無効な場合にコンテンツエラーをスローするようになりました
  • さらに多くのシナリオで無効なデータを補間する動きの予測に対処
  • Minecraftバージョン2.29は、使用法があいまいであるために「sound_definitions.json」から「replace」要素を削除しました(使用されたことはありません)。

コマンド

  • アニメーションで実行されたコマンドは、レルムを含むすべてのプラットフォームのアニメーションファイルで定義された順序で実行されるようになりました。

Behavior Packで定義されたアニメーションとイベントは、プレーヤーがチートを有効にしなくても、チートを必要とするコマンドを実行できるようになりました( ‘/ gamerule’コマンドで特定のルールを設定するなど)

  • ターゲットセレクターryとrymが北のラップアラウンドをサポートするようになりました
  • ‘/ particle’コマンドのposition引数はオプションになりました
  • ‘/ particle’コマンドが成功すると出力されるようになりました
  • 「/ particle」コマンドは、「/ execute」を正常に実行したときにエラーを表示しなくなりました
  • ‘/ clone’コマンドは、レバーとレッドストーンダストの信号強度をコピーするようになりました
  • ‘/ structure’コマンドは、その次元の最小高さ以上である限り、yが0未満の<to:xyz>位置引数を指定できるようになりました。
  • Intellisenseオプションの機能が追加されました:gamemodeコマンドセレクターの「d」と「default」
  • コマンドブロック付きのトロッコは、コマンドでセルフセレクター(@s)を使用して自分自身をターゲットにできるようになりました
  • 「/ timeset」コマンドは、24000より上または現在の時刻より下の時刻を指定するときに正しい時刻と曜日を設定するようになりました(たとえば、「/ time set 0」は日を0に設定し、「/ timeset28000」は日を1に設定します)、および「/ time」は、負の世界時間を設定または追加できるようになりました
  • ‘/ spawnpoint’コマンドは、プレイヤーがスリープしているときに使用できるようになり、プレイヤーの既存のスポーンポイントに設定すると成功を出力します。
  • 「@s」がセレクターとして使用されている場合、カメラシェイクコマンドがすべてのプレイヤーの画面をシェイクすることはなくなりました。

GameTestフレームワーク(実験的)

  • モジュールの名前を「Minecraft」から「mojang-minecraft」に変更
  • モジュールの名前を「GameTest」から「mojang-gametest」に変更
  • GameTest(現在はmojang-gametest)
    • 追加されたヘルパーメソッドspawnAtLocation(location:Location):Entity –指定された場所にエンティティを生成します
    • 追加されたヘルパーメソッドwalkToLocation(mob:エンティティ、場所:場所、speedModifier:番号)–指定された場所に移動するようにエンティティに命令します
    • 追加されたメソッドassertCanReachLocation(mob:Entity、location:BlockLocation、bool canReach)–指定されたmobがターゲットブロックの場所に到達できることをアサートします
    • ヘルパーメソッドの名前をworldLocation(location:BlockLocation)からworldBlockLocation(location:BlockLocation)に変更しました
    • ヘルパーメソッドrelativeLocation(location:BlockLocation)の名前をrelativeBlockLocation(location:BlockLocation)に変更しました
    • 追加されたヘルパーメソッドworldLocation(relativeLocation:Location):Location – GameTest構造ブロックに関連する座標を持つLocationから、世界に関連する座標を持つ新しいLocationを返します
    • 追加されたヘルパーメソッドrelativeLocation(worldLocation:Location):Location – Locationから、現在のGameTest構造ブロックに相対的な座標を持つ新しいLocationを返します
    • 追加されたヘルパーメソッドspawnWithoutBehaviorsAtLocation(entityIdentifier:string、location:Location):Entity –AIの動作なしで場所にエンティティを生成します
    • 追加されたヘルパーメソッドrotateDirection(direction:Direction):Direction –GameTest構造体の回転に対して指定された方向を回転します
    • 追加されたヘルパーメソッドgetTestDirection():Direction –構造体の回転に基づいてGameTestが向いている方向を返します
    • 関数assertBlockTypePresentの名前をassertBlockPresentに変更しました
    • 関数assertEntityDataの名前をassertEntityStateに変更しました
    • 関数assertBlockTypeNotPresentを削除しました(代わりにブールisPresentをassertBlockPresentに追加しました)
    • 関数assertEntityNotPresentを削除しました(代わりにブール値をassertEntityPresentに追加しました)
    • 関数assertEntityNotPresentInAreaを削除しました(代わりにassertEntityPresentInAreaにブール値を追加しました)
    • 関数assertEntityNotTouchingを削除しました(assertEntityTouchingにブール値を追加しました)
    • 関数successWhenEntityNotPresentを削除しました(successWhenEntityPresentにブール値を追加しました)
    • 関数assertBlockState(blockLocation:BlockLocation、callback:(Block)=> boolean)の変更された署名
    • 関数assertBlockPresent(blockType:BlockType、blockLocation:BlockLocation、isPresent:boolean)の変更された署名
    • 関数assertEntityPresent(entityTypeIdentifier:string、blockLocation:BlockLocation、isPresent:boolean)の変更された署名
    • 関数assertEntityPresentInArea(entityTypeIdentifier:string、isPresent:boolean)の変更された署名
    • 関数assertEntityTouching(entityTypeIdentifier:string、location:Location、isTouching:boolean)の変更された署名
    • 関数successWhenEntityPresent(entityTypeIdentifier:string、location:Location、isPresent:boolean)の変更された署名
  • Minecraft(現在はmojang-minecraft)
    • BlockTypesクラスの名前をMinecraftBlockTypesに変更しました
    • Effectsクラスの名前をMinecraftEffectTypesに変更
    • Itemsクラスの名前をMinecraftItemTypesに変更しました
  • イベント
    • 追加されたイベントWorld.events.beforeExplosion–爆発が発生する前に発火します
    • 追加されたイベントWorld.events.explosion–爆発が発生したときに発生します
    • 追加されたイベントWorld.events.explodeBlock–爆発によりブロックが壊れたときに発生します
    • 追加されたイベントWorld.event.beforeActivatePiston–ピストンがアクティブになる前に発火します
    • 追加されたイベントWorld.event.activatePiston–ピストンがアクティブ化されたときに発生します
    • ティックイベントに読み取り専用プロパティcurrentTickを追加–現在のサーバーティックを返します
    • イベントcreateEntityの名前をentityCreateに変更しました
    • イベントaddEffectの名前をeffectAddに変更
    • イベントactivatePistonの名前をpistonActivateに変更
    • イベントbeforeActivatePistonの名前をbeforePistonActivateに変更しました
    • イベントexplodeBlockの名前をblockExplodeに変更
    • イベントchangeWeatherの名前をweatherChangeに変更
  • ブロック
    • getDimension()メソッドを追加しました:Dimension
  • BlockPistonComponentを追加しました

モラン

  • アイテムのクールダウンに関する実験的なクエリを追加しました:「query.is_cooldown_type」、「query.cooldown_time」、および「query.cooldown_time_remaining」
  • 多くのMolangコンテンツエラーを更新して、関与した演算子またはクエリを指定しました
  • ResourcePackおよびBehaviorPackマニフェストの「min_engine_version」がMolang式の解析に渡されるようになりました。これにより、特定のエンジンバージョンに関連付けられた将来の重大な変更が可能になります
  • ‘BlockPartVisibilityComponent’を追加しました
    • 作成者が、ブロックの状態に基づいてボーンをオン/オフにするジオメトリJSONにリストされている各「ボーン」のモラン条件を指定できるようにします
    • 使用するには、実験用トグルを有効にする必要があります
  • 正しい変換Yとスケール結果を持つように実験的な「query.bone_orientation_trs」に対処しました
  • 実験的な「block_neighbor_has_any_tags」および「block_neighbor_has_all_tags」モランクエリを追加しました
    • ブロックの相対位置とタグのセットを取ります
    • 0/1を返します
    • 使用するには、実験用トグルを有効にする必要があります
  • ‘query.armor_color_slot’を含むカスタムリソースパックでワールドに入るときに発生する可能性があったクラッシュに対処しました

結果が不適切にスケーリングまたは反転された「query.item_remaining_use_duration」に対処しました(これは、エンジンバージョン1.17.30のバージョン変更を修正するためです)

  • クエリされたアクターの「minecraft:behavior.ranged_attack」ゴールが現在実行されているかどうかを返す「query.forming_target_to_range_attack」が追加されました
  • 実験的なMolangクエリ(アクタープロパティに関連するクエリを除く)を新しい「実験的なMolang機能」トグルに移動しました
  • 実験に関連する改善されたMolangドキュメント
    • 実験クエリと言語式に、利用可能にする必要のある実験が一覧表示されるようになりました
  • バージョン管理された変更の詳細は、「query.item_remaining_use_duration」修正から始まるドキュメントに記載されています。

——————————-

キャンドル

  • キャンドルがゲームで利用可能になりました!
  • 最大4つのクラスターに配置し、Flint&Steelを使用して点灯させることができます
  • キャンドルをケーキにのせて願い事を!
  • キャンドルはハニカムとストリングを使用して作成できます
  • クラフトグリッドで染料と組み合わせて、さまざまな色のキャンドルを作ります

鉢植えのツツジ

  • 鉢植えのツツジと開花ツツジのバリエーションを追加しました
  • ツツジを植木鉢に入れるだけ!

実験的なゲームプレイ:

Caves&Cliffsの実験的機能:パートIIはこのアップデートで利用可能であり、ワールド作成画面で有効にできます!

これらの機能は進行中であり、まだ開発中であり、変更される可能性があることに注意してください。それらをアクティブにすると、世界がクラッシュしたり、壊れたり、将来のアップデートで機能しなくなったりする可能性があります。実験的な機能は、ワールドの作成後にオフにすることはできません。

  • 世界の高さは320ブロックまで上がり、-64ブロックまで下がります
  • Lofty Peaks、Snow Capped Peaks、Snowy Slopes、Mountain Grove、MountainMeadowなどの新しい表面バイオーム
  • 緑豊かな洞窟やドリップストーン洞窟などの新しい洞窟バイオーム
  • 改良された洞窟の世代は、チーズ洞窟、スパゲッティ洞窟、溶岩帯水層、および浸水した帯水層洞窟を追加します
  • 新しい鉱石の分布
  • スカルクセンサー
  • ヤギの角

修正:

パフォーマンス/安定性

  • 構造がアンロードされた領域にコマンドで配置され、その構造が削除された場合に発生する可能性があったクラッシュを修正しました

ゲームプレイ

  • 水中の霧は再びバイオームに依存しており、本来あるべき姿で現れます。
  • ネザーポータルがプレイヤーを間違った座標に連れて行くことがあるバグを修正しました。
  • 分割画面のプレイヤーがアンビルのアイテムの名前を変更できない問題を修正しました。
  • 現在、雷雨はJavaEditionと同じくらい頻繁に発生します。
  • バスティオンルートはJavaエディションとほぼ一致するようになりました。
  • かなりクールに見えましたが、プレイヤーはプラットフォームの下で空中を泳ぐことができなくなりました
  • 地面にぶつかる前に落下ダメージを受けるクモの巣を通過するプレイヤーを修正しました。
  • タッチコントロールでパウダースノーを降りるときは、足場を降りるときと同じボタンを使用するようになりました。
  • プレイヤーの頭がエモートで適切にアニメーション化されない問題を修正しました。

モブ

  • 空のバケツは魚の収集に使用できなくなりました
  • アホロートルは、死んで遊んでいる間、尻尾を動かしなくなりました。
  • アホロートルに熱帯魚のバケツを与えると、空のバケツではなく水バケツが返されるようになりました。
  • アホロートルは、不要な場所でのスポーンを防ぐために、完全な暗闇でのみスポーンするようになりました
  • アホロートルのヒットボックスは、暴徒のサイズに合わせて小さくなりました
  • 溺死、ガーディアン、エルダーガーディアンが一目でアホロートルを攻撃するようになりました
  • スケルトンはパウダースノーで20秒後にストレイに変わり、45秒から減少しました
  • チャージドクリーパーによって殺されたときに、ストレイがウィザースケルトンスカルをドロップしなくなりました。
  • Mob Griefingワールドオプションが無効になっている場合、Mobを燃やしてもPowderSnowを破壊できなくなりました。
  • 誘惑されたヤギは、Java Editionのヤギ、および誘惑されている他の同様のMobと同じ速度で移動するようになりました。
  • ヤギがラム攻撃を実行しているとき、Mobはヤギに対して報復しなくなりました。
  • ヤギの落下ダメージの減少はJavaEditionと同等になりました(-10の落下ダメージの減少)
  • スライムブロックとハニーブロックでヤギが体当たりを続けることができるようになりました
  • 孵化した後、赤ちゃんウミガメはもはやデスポーンしません。
  • 変種を含むベイビーホースは背が高くなり、脚からのZファイティングが発生しなくなりました。
  • アイアンゴーレムとエボカーは、平和的な難易度に攻撃的ではなくなりました。
  • 水陸両用モブがスラブやデイライトセンサーを通過するときにスタックすることはもうありません
  • 攻撃されたグローイカは、マルチプレイヤーセッションの攻撃者だけが暗くなることはなくなりました
  • グローイカは、怪我をしたときに周囲の光のレベルに合わせて暗くなるようになりました
  • バージョン1.11以降に作成されたマーケットプレイスワールドのVillagerスポナーからスポーンされたVillagerは、V2Villagerとして正しくスポーンするようになりました。
  • ガーディアンに遭遇したときに分割画面に表示される可能性があった警告を修正しました

ブロック

  • 落下するアンビルとスタラクタイトは、液体に着陸したときにMobにダメージを与えるようになりました
  • ツツジを粘土の上に置くとボーンミールができるようになりました
  • ツツジの葉と開花ツツジの葉にピックブロックを使用すると、正しいブロックがピックされるようになりました。
  • ぶら下がっている根は水によって破壊されるようになりました。
  • 避雷針は、それらに着地した落下ブロックを壊しなくなりました。
  • ルートダートテクスチャがランダムに回転し、通常のダートブロックの動作と一致するようになりました。
  • 小さなドリップリーフは、はさみで壊れたときにのみドロップするようになりました
  • グロー地衣類は、はさみで壊れたときにのみドロップするようになりました
  • ジュークボックスは、ミュージックディスクを非ソリッドブロックにのみ排出するようになりました。

アイテム

  • SnowballsやEggsなどの発射物が影を落とさなくなりました
  • ドロップされたすべてのアイテムのフローティング高さが同じになりました
  • Grindstoneを使用してアイテムのエンチャントを解除すると、エンチャントコストのペナルティが正しくリセットされます。
  • データドリブンアイテムは、ブロックをターゲットにしていないときに速くスイングするようになりました。
  • ‘/ replaceitem’コマンドから取得した花火ロケットの飛行時間が長くなりました。
  • ‘/ replaceitem’コマンドから取得した花火の星は適切な色の値を持つようになりました。
  • サインの光るテキストにアウトラインが追加されました。
  • グローインク袋を使用して、サインの黒いテキストを点灯できるようになりました。
  • コントローラを使用しているときにインク袋とグローインク袋を持っているときにツールチップが表示されるようになりました
  • インク袋とグローインク袋は、アドベンチャーモードの標識で無期限に使用できなくなりました
  • プレイヤーはアドベンチャーモードでサインのテキストを染めることができなくなりました。
  • カボチャは、採掘時のローテーションに関係なく、ファーマービレッジの人々に再び受け入れられます。

ユーザーインターフェース

  • グローアイテムフレームは、クリエイティブインベントリの通常のアイテムフレームの後に配置されるようになりました。
  • 銅鉱石は、クリエイティブインベントリ内の他のオーバーワールド鉱石の後に配置されるようになりました。
  • Deepslateは、Creativeインベントリ内の他の石の後に配置されるようになりました。
  • ホットバーアイテムのツールチップの長さは、ツールチップのテキストの長さに比例するようになりました
  • [設定]メニューに新しいユーザー補助アイコンを追加しました
  • アイテムをキャラクタークリエーターでプレビューし、装備ボタンを使用して装備できるようになりました
  • [クラシックスキン]タブと[ケープ]タブに[装備]ボタンを追加しました
  • プロファイル画面のリロードボタンが、サポートされているすべての言語に適切にローカライズされるようになりました
  • アクセシビリティ設定の[デフォルトにリセット]ボタンで、[テキストの背景の不透明度]スライダーがリセットされるようになりました
  • 「遊び方」の「ルーム」セクションのタイプミスを修正しました。
  • 再生画面の空のタブのカウンターに、空の灰色のボックスではなくゼロが表示されるようになりました。
  • 注目アイテムのサムネイルがCharacterCreatorの注目アイテムウィンドウに収まるようになりました
  • Microsoftアカウントにサインインしていない場合、プレーヤーには、レルムを表示できるように、再生画面でサインインするように求めるボタンが表示されるようになりました。
  • RealmsPlusコンテンツの有効期限タイマーが正しく表示されるようになりました
  • Realms Plusタイマーは、有効期限が切れてから30日以内にのみ表示されるようになりました

コマンド

  • ‘/ title clear’は、HUDからタイトルとサブタイトルを正しくクリアするようになりました。
  • Frosted Iceは、「/ setblock」や「/ testforblock」など、ブロックを受け入れるすべてのコマンドで使用できるようになりました。

技術的な更新:

更新されたアドオンテンプレートパック

  • 1.17.10の更新されたアドオンテンプレートは、新しいリソース、動作、およびドキュメントとともにダウンロードできます。

安定性とパフォーマンス

  • JSON解析のエラー処理が改善されました。また、アイテムの解析と戦利品テーブルのいくつかの新しいコンテンツエラーを追加しました

一般

  • カスタムレシピが無効な場合、プレイヤーにはコンテンツエラーが表示されます
  • 「minecraft:scaffolding_climber」の名前を「minecraft:block_climber」に変更しました。現在、足場とパウダースノーの両方の登山を処理しています

ゲームプレイ

  • Seed = 0の戦利品チェストは、同じ座標に配置された場合に正しくランダム化されるようになりました。NBTでシードが0に設定されていない限り、バニラの戦利品チェストを開く前にピックブロックすると、各コピーで同じ戦利品になることに注意してください。

専用サーバー

  • Linux上のBedrockDedicatedServerの欠落しているシンボルを追加しました。

NPCダイアログ

  • コンテンツ作成者は、「/ dialogue」コマンドとダイアログJSONファイルを使用して、NPCの分岐ナラティブを使用して複数ページのダイアログを作成できるようになりました。

データ駆動型モブ

  • EnderDragonのレンダリングとアニメーションが完全にデータ駆動型になりました
  • EnderCrystalのレンダリングとアニメーションが完全にデータ駆動型になりました
  • 馬のレンダリングとアニメーションは完全にデータ駆動型になりました
  • この作品は、すべての馬の亜種(馬、ラバ、ロバ、ゾンビ馬、スケルトン馬)と以下を含むすべての馬のバージョンをサポートしています。
    • v1(エンジンバージョン1.2.5以前)
    • v2(エンジンバージョン1.2.6から1.17.0)
    • v3(エンジンバージョン1.17.10以降)。これはv2モデルのよりクリーンなバージョンであり、骨の命名の混乱が少なくなります

データ駆動型アイテム

  • ‘DisplayNameItemComponent’のドキュメントを更新

データ駆動型ブロック

  • ‘BlockUnwalkableComponent’のドキュメントを更新

俳優

  • 新しく表示されたタイプの受信クライアント同期プロパティは、クライアント側のActor PropertyManagerグループに適切に登録されます

MoLang

  • 「query.wing_flap_position」がエンダードラゴンで機能するようになりました
  • 「query.show_bottom」を追加–エンティティの下部がレンダリングされるかどうかを判断するためのクエリ
  • 「query.death_time」を追加–暴徒が死に始めてから経過したダニを決定するためのクエリ
  • 「math.min_angle」を追加–角度の大きさ(度単位)を[-180、180]の範囲に最小化するための数式
  • クライアント側のクエリで機能するように実験的な「query.target」を修正しました

チャンクローディング

  • 必要な場合を除いて、チャンクの書き込みを制限します。古い形式からアップグレードされたチャンクは、ロード時に自動的に保存されませんが、変更されると(たとえば、ブロックまたはアクターを介して)、保存用にマークされます。

無料のマイクラ(マインクラフト) PS4アプデ2.29をダウンロードしてください。

Advertisement
Share