マイクラ(マインクラフト)PS4アップデート2.18パッチノート

Advertisement

[Minecraft]マイクラ(マインクラフト)PS4アップデート2.18パッチノートがプレイヤー向けにリリースされました。 公式のマインクラフトアップデート2.18 PS4パッチノートによると、最新のBedrockアップデートで微調整と修正が追加されました。 これとは別に、マインクラフトアプデ2.18には一般的な安定性の修正も含まれています。

以前、アップデート1.16.61では、PSVRおよびその他の修正のサポートが追加されていました。 最近、PSVRの起動とクラッシュの問題を修正したホットフィックスもリリースされました。

残念ながら、プレイヤーはまだゲームの問題に直面しています。 今日のマイクラアプデ2.18は、これらの問題のいくつかを修正します。

Advertisement

Minecraftアプデ(アップデート)2.18情報

新機能:

  • 新しいAchievements画面デザインと新しいAchievementsアートワークを追加しました
  • ダース以上の新しいキャラクタークリエーターアイテムが追加され、実績でロックを解除できます

バニラパリティの変更と修正:

  • ウミガメは産卵時に音を鳴らすようになりました
  • イルカは、JavaEditionと同じ速度で乾きます。120秒
  • 破損していない補修アイテムは、破損した補修アイテムの修理を妨げなくなりました(MCPE-80156)
  • 玄武岩はガスト火の玉で破壊できなくなりました(MCPE-75252)
  • 玄武岩ブロックの破壊に少し時間がかかるようになりました
  • レッドストーントーチを直接置いたときにTNTがアクティブにならない(MCPE-81258)

経験値オーブが水に浮くようになりました(MCPE-64039)

溶岩中のネザーライトの動きを調整(MCPE-65372)

ネザーライトアーマーはマグマブロックの上に立ったときに耐久性が失われなくなりました(MCPE-76532)

Hero of theVillageとCuringZombie Villagersのトレードディスカウントは、Java Edition(MCPE-70782)と一致するようになりました。

  • ファントムウィングが羽ばたき音を出すようになりました

ピストンをビルドの高さ制限を超えて、またはボイド内に伸ばすことはできなくなりました(MCPE-37825、MCPE-51067)

  • 醸造スタンドをブラックストーンで作成できるようになりました(MCPE-90465)
  • プレイヤーは/ giveコマンドで農地をスポーンし、Pick Block(MCPE-25691)でそれを選ぶことができるようになりました
  • 火事で殺されたタラとサーモンが調理済みの魚を落とすようになりました(MCPE-30693)
  • チェーンを水平に揃えるように配置できるようになりました(MCPE-93995)
  • 床と天井の表面生成がJavaEditionと正しく一致するようになりました
    • ソウルサンドバレーの天井は、ソウルソイルとソウルサンドで覆われています(MCPE-69159)
    • 玄武岩デルタに玄武岩の天井が追加されました(MCPE-79608)
  • 乗客のいるストライダーを誘惑できるようになりました
  • ピグリンはゾンビ化するとインベントリをドロップするようになりました(MCPE-81503)
  • ゾンビ化されたときにピグリンとピグリンブルートが機器を保存できるようにする(MCPE-83683)
  • ピグリンブルートはプレイヤーに殺されたときに10ではなく20xpを与えるようになりました(MCPE-94089)
  • ランタンを水中に配置できるようになり、水源ブロックを配置してもランタンが飛び出さないようになりました
  • Piglinsは、Java Edition(MCPE-92662)と同様の物々交換アイテムを提供するようになりました。
  • ソウルファイアは雪や氷のブロックを溶かしなくなりました(MCPE-74901)

ゾンビ化されたピグリンは、乗車中にストライダーの上に浮かぶことがなくなりました(MCPE-80188)

反った菌はクリムゾンの森で成長できるようになりました(MCPE-83616)

ピグリンは物々交換時にネザーブリックブロックの代わりにネザーブリックを提供するようになりました(MCPE-74395)

  • ベビーゾグリンとベイビーホグリンは、プレイヤーに殺された後、ドロップするようになりました
  • ベビーゾグリンの頭がかわいくて特大になりました(MCPE-65454)
  • ウィザースケルトンが自動的にピグリンとピグリンブルートを攻撃するようになりました(MCPE-65456)
  • HoglinsはRespawnAnchors(MCPE-71534)から逃げます
  • アイアンゴーレムがホグリンを攻撃するようになりました(MCPE-73838)
  • ゾグリンはヒーリング効果からダメージを受け、ハーミング効果から回復するようになりました(MCPE-79314)
  • RuinedPortalチェストにGlisteringMelonが含まれている場合、メロンスライスが1つだけ含まれなくなります(MCPE-92675)
  • ストライダーの騎手であるゾンビ化されたピグリンは、スティックに反った真菌を保持するようになりました(MCPE-94002)
  • ピグリンブルートはもはやゴールデンアックスを魅了していません
  • 予想されるすべてのネザー植物を堆肥化できるようになりました(MCPE-78026)(MCPE-82999)(MCPE-94671)
  • クリムゾンとワープ菌を菌糸体に配置できるようになりました(MCPE-88588)

チェストで見つかったソウルスピードエンチャントは、バスティオンレムナントチェストに限定されます(MCPE-75468)

ソウルキャンプファイヤーは、採掘時に木炭ではなくソウルソイルをドロップするようになりました(MCPE-74709)(MCPE-74709)

  • Striderのヘルスが15から20に増加しました(MCPE-76425)
  • ピグリンはシールド、エリトラ、タートルシェル、およびさまざまなモブヘッドを装備できるようになりました(MCPE-75863)
  • Piglin Brutesは、特定のブロックが壊れても怒ることはなくなりましたが、常に視界にいるプレイヤーを攻撃します(MCPE-94106)
  • Baby Zombified Piglinsは、手に持っているアイテムを正しく表示するようになりました
  • ピストンのクイッククラフトは、ワーププランクとクリムゾンプランクで機能するようになりました(MCPE-87659)
  • ベビーホグリンが適切なダメージを与えるようになりました
  • ピグリンは平和的な難易度でネザーウェイストに自然に出現するようになりました(MCPE-95718)

変更点:

今後のエンジンテクノロジーのプレビューを有効にし、アドオンとマーケットプレイスコンテンツをサポートするために、いくつかの新しい実験的なトグルを追加しました

  • Androidデバイスに新しいMojangStudiosロゴスプラッシュ画面を追加しました(MCPE-79353)

既知の問題点:

  • Oculus Riftでプレイすると、XboxOneコントローラーが期待どおりに機能しない

修正:

パフォーマンス/安定性

  • ゲームプレイ中に発生する可能性があったクラッシュを修正しました
  • マルチプレイヤーセッションに再参加した後、プレイヤーが立っているShulker Boxを開いたときに発生する可能性があったクラッシュを修正しました(MCPE-51711)
  • プレイヤーがスリープ状態でゲームに参加した場合に発生する可能性があったクラッシュを修正しました(MCPE-79465)
  • 他のNintendoSwitchゲームに参加するNintendoSwitchプレーヤーの信頼性の向上
  • エンダードラゴンにタグを追加しても、ワールドをリロードするときにゲームがクラッシュしなくなりました(MCPE-89076)
  • 気絶したエンティティがワールドにロードされたときに発生する可能性があったクラッシュを修正しました
  • 分割画面セッションのプレーヤー1がコントローラーを切断したときに発生する可能性があったクラッシュを修正しました(MCPE-99565)
  • 最適化されたチャンク読み込みパフォーマンス(MCPE-85614)
  • さまざまな帯域幅の最適化

一般

Xbox Oneのワールドスタート時にクラッシュ中にワールドリストから消えるワールドを修正しました(MCPE-84649)

「TheBeaconator」アチーブメントを確実にロック解除できるようになりました

「アーチャー」のロックを確実に解除できるようになりました(MCPE-86371)

  • 炉で溶岩バケツを使用すると「スーパーフューエル」アチーブメントが付与されない問題を修正しました(MCPE-64453)
  • アルファチャネルのない24ビットPNGは、有効なカスタムスキンとして受け入れられなくなりました(MCPE-50094)

ゲームプレイ

  • 釣り竿がMobに近づくと正しくキャストされるようになりました(MCPE-65249)
  • カスタム名のボートとトロッコは、配置して壊した後、名前を保存するようになりました。彼らの名前は世界にも表示されます(MCPE-25845)
  • プロセスの途中でPS4ワールドインポートを閉じた後に生成される空のワールドを修正しました
  • エンドシティの戦利品チェストが再び正しく生成されます(MCPE-72920)
  • ベリーの茂みを歩いているときにプレイヤーとモブがダメージを受けない問題を修正
  • 遠隔武器を装備した鎧を持っているモブを殺すと、鎧の戦利品が発生するようになりました(MCPE-44408)

モブ

村人が間違った職業に縛られることはもうありません(MCPE-62080)

ミツバチは、エンドとネザーの次元で割り当てられた時間の後に巣箱/巣を離れます(MCPE-58322)

敵対的なMobは、日中に雷雨でスポーンできるようになりました(MCPE-34409)

キツネがベリーの茂みに落ちてもダメージを受けなくなりました(MCPE-82273)

xおよびz方向に沿ったVexの動きを修正しました(MCPE-41879)

  • Blazeは、プレイヤーからの距離に基づいて、近接攻撃と遠隔攻撃を切り替えるようになりました(MCPE-45469)
  • Mobの非アクティブタイマーは、最も近いプレイヤーから32ブロック以内に近づくとリセットされるようになりました。
  • スノーゴーレムをせん断すると、刻まれたカボチャがドロップするようになりました(MCPE-66967)
  • 陸上のカメとイルカは水に向かってうまく移動するようになります(MCPE-44918)
  • ガストは再びすべての光レベルでスポーンします(MCPE-85747)
  • 溶岩の暴徒は道を見つけることができませんでした。この修正により、すでに溶岩にいる場合に溶岩ブロックに入ることができるようになります
  • モブは彼らが立っているトロッコを動かすことができなくなりました(MCPE-46804)
  • Mobのスポーン範囲がシミュレーション距離に比例するようになりました(MCPE-95568)
  • 古いバージョンの村人は、取引時に正しくレベルアップするようになりました(MCPE-85013)
  • 作物を収穫または播種する際の農民の村人のパフォーマンスの向上
  • 農民の村人が作物を収穫するのを妨げる可能性があるバグを修正しました
  • プレイヤーが乗ったストライダーは、スティック上の真菌(MCPE-77096)によってガイドされたときに、マグマブロックとその前の完全でないブロックにジャンプするようになりました
  • 赤ちゃん動物は、成長する前にもう一度飼いならすことができます(MCPE-96973)

ミツバチは、エアブロック(MCPE-97185)を介してのみミツバチの巣とミツバチの巣を出ることができるようになりました。

  • スライムは、凍結バイオーム内のスライムチャンクでスポーンできるようになりました(MCPE-49303)

ブロック

  • 一部の壁がワールドロードで正しく接続されなかった問題を修正しました
  • ConsoleEditionの保存から変換された壁が正しく結合されるようになりました
  • 気泡塔からの水が適切に流れるようになりました。
  • コンテナが上にあるホッパーは、ドロップされたアイテムを収集できなくなりました。
  • フェンスゲートがブラックストーンの壁と整列するようになりました。
  • クリムゾンルートとワープルートにブロックを配置すると、ルートが適切に削除されるようになりました。
  • ターゲットブロックは、その上の追加ブロックに電力を供給しなくなりました。
  • BeehivesとBeeNestsは、正しい正面向きのテクスチャを表示するようになりました。

溶岩と水のテクスチャは、スライムブロックまたはハニーブロックをそれらの隣または上に配置した後に表示されるようになりました。

エンドゲートウェイは、出口位置を検索するときに中央ブロックまでの距離を正しく計算するようになりました。

チャンクの境界近くにあるとき、植物と作物はより一貫して成長するようになりました

  • 茶色と赤のキノコは、Nyliumで巨大なキノコに成長できるようになりました
  • ココアビーンズは、すべてのジャングルウッドのバリエーションに配置して生き残ることができるようになりました。
  • 重力の影響を受けるブロックは、サポートブロックがピストンによって動かされても壊れなくなりました。
  • 落下するブロックは、長時間落下した後に壊れるようになりました。
  • 大きなトウヒの木をスポーンするときに、ポドゾルが最上層の下に生成されなくなりました。
  • オブザーバーブロックのテクスチャは、ピストンによって動かされた後、アクティブな状態でスタックしなくなりました。
  • 落下するブロックがポータルの近くで複製される可能性があるバグを修正しました。
  • x軸に沿ってレールに正しく電力が供給されない問題を修正しました。
  • 苗木が木や花の隣にあるときに、誤ってミツバチの巣に変わることはなくなりました。
  • 台座の上に置いてもドラゴンエッグが消えなくなり、エンダードラゴンが復活します。
  • エンドロッドに標識を配置できなくなりました

アイテム

  • プレイヤーがボートに乗っているときに、コンパスアイテムが正しい方向を指すようになりました。
  • カスタム名のコンパスは、Lodestoneにリンクされたときに名前を保持するようになりました
  • Curse of Vanishingのコンパスは、Lodestoneにリンクされたときにエンチャントを保持するようになりました
  • Lodestone Compassesは、アンビルを使用して、Curse ofVanishingでエンチャントできるようになりました。
  • ソウルスピードでエンチャントされているブーツは、壊れた後、モブやプレイヤーにスタックすることはもうありません。
  • 製錬されたアイテム(1.13より前)には、誤ったダメージ値が含まれなくなり、積み重ねることができます。
  • 落としたアイテムが地面に浮きすぎないようになりました
  • ドラゴンエッグは爆発で破壊されると常にドロップするようになりました。
  • Totem of Undyingは、死ぬときに正しい効果を適用するようになりました。
  • アーマースタンドと相互作用した後、アーマーがホットバーでスタックすることはもうありません。
  • 複数のブロックのマップの色表現を修正しました。
  • XPオーブは再び世界の照明を無視し、常に最大の明るさになるようにします。
  • バナーパターンを2×2のクラフトグリッドで作成できるようになりました。
  • 「Thing」バナーをLoomで作成できるようになりました。
  • ワールドがリロードされるまでアイテムの耐久性が割り当てられない問題を修正しました。
  • スポーンエッグを水中モンスタースポナーで使用できるようになりました
  • 別のアイテムスタックとマージした後、ドロップされたアイテムスタックが非表示になる問題を修正しました。
  • 鉄のツルハシは、レイド中にモブがドロップできるようになりました。

レルム

ワールドがレルムにアップロードできない場合に考えられる解決策とともに、より詳細なエラーメッセージを追加しました。

レルムから大きなワールドをダウンロードするときに発生したクラッシュを修正しました。

Realmsサブスクリプションの[管理]ボタンを選択すると、適切なMicrosoftアカウントページが開きます。

Realms Plusサブスクリプションを通じて所有されているコンテンツは、すべてのプラットフォームでローミングするようになりました。

グラフィカル

  • 一部のデバイスでスカイボックスの背景グラフィックが正しくレンダリングされない問題を修正しました
  • 竹にダメージを与えるときにアニメーションが欠落する問題を修正しました
  • Windows10の一部のデバイスに影響を与えるCityLivingの世界のガラスブロックのグラフィックの問題を修正しました
  • タッチスクリーン入力の「チャットとコマンド」UI要素の境界線が暗くなりました

オーディオ

  • 海洋バイオームの水に入るときに音楽が中断されなくなりました。
  • レイドホーンの音を減らしました。

クラフトスクリーン

  • コントローラー使用時のクラフト画面エクスペリエンスのさまざまな改善
  • コブルストーンが石器のデフォルトの材料として表示されるようになりました。
  • レシピにカーソルを合わせると、インベントリ内のアイテムがクラフトグリッドに移動しなくなります
  • 選択したレシピは、そのレシピに必要な材料がすべて揃っていなくても、タブを変更するときにクリアされなくなります。
  • カーソルがレシピの上にある間にアイテムを拾うと、レシピの新しいインデックスが更新されるようになりました
  • CrimsonとWarpedStems / Hyphaeは、正しいクリエイティブインベントリグループに含まれるようになりました。
  • NetherブロックとWarpedWartブロックは、クリエイティブメニューの展開セクションにありません。

構造ブロック

  • 構造ブロックの3Dエクスポート画面から名前フィールドを削除しました
  • 構造ブロックプレビューウィンドウ中に発生するブロック変更の誤ったチャンク位置計算を修正しました
  • 構造のロード/保存は、近くのチャンクのティックブロックに影響しなくなりました
  • ワイヤーフレームバウンディングボックスを再レンダリングしないリセットボタンを修正しました

ユーザーインターフェース

  • 設定画面のプロファイルセクションにNotoSansフォントライセンスボタンとポップアップダイアログを追加しました
  • スプラッシュテキストとロード画面のヒントを更新しました。
  • ゲームで使用されない簡体字中国語と繁体字中国語のシステム言語設定を修正しました
  • ブロックのハイライト/選択ボックスがブロックの上に拡張されていた問題を修正しました
  • プレイした時間がアチーブメント画面に正しく表示されるようになりました。

ホットバーがいっぱいのときにインベントリからアイテムをすばやく移動しようとしたときに、ビーコンコンテナインターフェイスがインベントリスロットの周りでアイテムをシャッフルしなくなりました

タッチデバイスの[ボートを離れる]ボタンを押しても、プレーヤーが乗客を殴ったり、ボートを破壊したりすることはなくなりました。

NPCダイアログ画面にボタンアイコンが追加され、ウィンドウを閉じるために押すゲームパッドボタンを示します(教育機能)

ホバーされたスロットデータは、カーソルがアイテムスロットから移動するたびに正しくクリアされるようになりました。このようにして、アイテムスロットにカーソルを合わせていないときに、ゲームパッドヘルパーが正しくなります。

  • プレイヤーがホットバーの選択を変更したときに表示されるアイテム名のテキストが、下から固定されるようになりました。このように成長しても、ホットバーと重なることはありません。
  • 一時停止メニューの[プロファイル]ボタンのサイズが正しくない問題を修正しました
  • 「ライド終了」ヒントは、アクションバーメッセージをクリアするようになりました。
  • Smithing Table画面にハンマーアイコンが含まれるようになり、「Pocket」UIプロファイル設定を使用するとユーザーインターフェイス要素が正しく表示されるようになりました。
  • カスタム名がボスバーを変更するようになりました。
  • アイテムを変更しない限り、Grindstoneは結果を表示しなくなりました。
  • 注目アイテム、アチーブメントリワード、エモート、ドレッシングルーム間のナビゲーションの問題を修正しました。
  • 設定画面のゲーマータグとアカウントの管理ボタンを変更して、iOSとAndroidでxbox.comのURLを開くようになりました
  • インターネットに接続していないときに、ドレッシングルームにキャッシュされたアイテムが表示されるようになりました

コマンド

  • ‘/ fill’コマンドを使用して大量のブロックをポータルブロックで埋めると、クラッシュが発生する可能性があったのを修正しました
  • タイトルコマンド(タイトル、サブタイトル、アクションバー)のテキストと背景が調整され、間隔が空けられました
  • ‘/ schedule’でキューに入れられたリクエストが実行時にクリアされず、レベルに再び入るときに実行されるバグを修正しました
  • ‘/ schedule on_area_loaded’コマンドに追加され、中心と半径を指定することで円形領域を追跡できるオーバーロードが追加されました。リクエストのキューのシリアル化も追加されました
  • 実際にロードされる前にロードされた領域を考慮する「/ schedule」コマンドの問題を修正し、コマンドはキューに入れられている次元を尊重するようになりました

マップメーカーとアドオンクリエーターの場合:

更新されたテンプレートパック

  • 新しいリソース、動作、およびドキュメントを含む1.16.100の更新されたテンプレートをダウンロードできます

修正

アニメーションコントローラーを使用してパーティクルを再生し、パーティクルも再生する別の状態に切り替えると、パーティクルが修正されました

  • Stridersには、脚ごとに個別のテクスチャマッピングがあり、脚のテクスチャが適切にミラーリングされています。
  • ‘sound_definitions.json’で記述されたピッチが正しく再生されるようになりました。

FMOD音楽チャンネルは音楽が再生されるときに優先度を0に設定し、ゲームで通常のサウンドが再生されるときにFMOD仮想チャンネルがそれを盗むのを防ぎます(デフォルトの優先度は128です)

  • 村人/ゾンビ村人は、召喚コマンドを使用してイベント「minecraft:entity_born」で召喚すると、赤ちゃんとして再び正しくスポーンします。
  • 定義されていないカスタムマテリアルを読み込もうとしても、クラッシュは発生しなくなりました。適切なコンテンツエラーがスローされるようになりました

コマンド

  • 構造ブロックを使用せずに構造の保存と読み込みを可能にする「/ structure」コマンドが追加されました
  • ‘/ structure’コマンドを使用して構造の配置をアニメーション化する機能が追加されました
  • ‘/ music’コマンドが追加され、クリエイターがカスタム音楽を再生および制御できるようになりました
  • 1回限りのアニメーションを実行できる「/ playanimation」コマンドが追加されました。アニメーションを実行するためにすべての変数が正しく設定されていることを前提としています
  • 手ぶれ効果を有効にする「/ camerashake」コマンドを追加しました

エンティティを他のエンティティに乗せたり、エンティティの乗車を停止したり、乗り物をライダーから追い出したり、乗り物やライダーを召喚したりできる「/ ride」コマンドが追加されました

  • プレイヤーのスポーンポイントをクリアできる「/ clearspawnpoint」コマンドが追加されました
  • エンティティでイベントをトリガーするために使用できる「/ event」コマンドが追加されました
  • ‘/ spawnpoint’コマンドを使用しても、スリープ状態のプレーヤーには影響しなくなりました(MCPE-91565)
  • ‘/ execute’を使用する古いバージョンのコマンドは、半径を計算するときにコマンドセレクターに適切な位置を使用するようになりました

データ駆動型ブロック

  • ブロックイベント応答のドキュメントを追加し、ブロックドキュメントを再編成しました
  • ティックコンポーネントを持つブロックは、削除時にティックキューから保留中のティックをクリアするようになりました
    • ‘on_player_destroyed’トリガーコンポーネントを追加しました
  • 衝突を無効にしてデータ駆動型ブロックをパス可能にしました
  • BlockDisplayNameComponentを追加して、ローカリゼーションテーブルで表示名を構成できるようにしました
  • 次のイベント応答の解析と実行のサポートが追加されました。
    • ‘set_block_at_pos’イベント応答を追加しました
    • スポーンルート
    • ブロックを設定
    • ‘on_interact’トリガーコンポーネントのサポートが追加されました
  • ‘on_player_placing’トリガーコンポーネントのサポートが追加されました
    • また、配置コンテキストを取得するための「cardinal_block_face_placed_on」および「cardinal_player_faceing」に対するMoLangクエリを追加しました

データ駆動型ブロックモデル

  • 新しいデータ駆動型ブロックテッセレーションパイプラインの最初のパスを追加しました
  • 「minecraft:geometry」コンポーネントを追加して、レンダリングにブロックモデルを使用できるようにしました
  • 「minecraft:unit_cube」コンポーネントを追加して、レンダリングにデフォルトの単位立方体を使用できるようにしました。単位立方体には、アンビエントオクルージョンや顔の除去などの追加の効果があります。
  • 「minecraft:material_instances」コンポーネントを追加して、ジオメトリファイルの面とmaterial_instancesを実際のマテリアルにマッピングできるようにしました
  • 新しいデータ駆動型ブロックによるスムーズな照明とアンビエントオクルージョンを修正

配置フィルター

このブロックを配置できる条件を設定できる「minecraft:placement_filter」コンポーネントが追加されました。このコンポーネントは、隣接するブロックが変更されるたびに起動し、有効な場所にない場合は戦利品をポップします

ブロック記述子にシリアル化を追加

  • BlockDescriptorのリストをBlock *、BlockLegacy、またはBlockDescriptorと比較するために、静的anyMatch関数をBlockDescriptorに追加しました
  • 2つのBlockDescriptorを比較する関数を追加しました。これには、一致するブロック、いずれかの記述子一致のタグ、一致する順列を持つブロック状態が含まれます
  • BlockDescriptorBlockLegacyメンバー変数をBlock *に変更して、遅延ブロック解決中にブロック状態を設定し、状態が設定されたブロックを取得できるようにしました
  • 既存のBlock * json解析をすべて削除しました

スキーマ

  • ‘allowed_blocks’を ‘use_on’と ‘dispense_on’に分割します
  • ‘use_on’は、エンティティ配置アイテムの使用を許可するブロックを指定します。すべてのブロックを許可するには省略します
  • ‘dispense_on’は、エンティティ配置アイテムのディスペンスを許可するブロックを指定します。すべてのブロックを許可するには省略します

コマンドの実行

‘execute_command’キーワードのアイテムjsonイベントのサポートが追加されました。文字列と文字列配列の両方の形式をサポートします。文字列は実行を目的としたコマンドです。コマンドはロード時にコンパイルされ、add / remove_mob_effectおよびテレポートアクションの後、イベントの他のトリガーの前に実行されます。コマンドは順番にセグメント化され、期待どおりにノードをランダム化します

コマンドを実行

現在の追加および削除キーワードに加えて、「run_command」キーワードのエンティティjsonイベントのサポートが追加されました。文字列と文字列配列の両方の形式をサポートします。文字列は実行を目的としたコマンドです。コマンドは、コンポーネントグループが追加および削除された後に実行され、順番にセグメント化され、期待どおりにノードがランダム化されます。

  • 次のコンポーネントを更新して、Block *の代わりにBlockDescriptorを解析して使用するようにしました
    • BlockBreakSensorComponent
    • BlockListEventMap
    • BreathableComponent
    • BreedableComponent
    • BuoyancyComponent
    • EntityPlacerItemComponent
    • PreferredPathComponent
    • SeedItemComponentLegacy
  • Block *の代わりにBlockDescriptorを解析して使用するように次の機能を更新しました
    • NoSurfaceOreFeature
    • OreFeature
    • SingleBlockFeature
  • 次の目標定義を更新して、Block *の代わりにBlockDescriptorを解析して使用するようにしました
    • GoalDefinition
    • RaidGardenGoal
    • VanillaGoalDefinition
  • 次のサーフェスコードを更新して、Block *の代わりにBlockDescriptorを解析して使用するようにしました
    • MesaSurfaceAttributes
    • SurfaceMaterialAdjustmentAttributes
    • SurfaceMaterialAttributes
  • BlockDescriptorsを使用するためのコードの更新からの変更を反映するために、次のテストを更新しました
    • BuoyancyComponentServerTests
    • FeatureHelperTests
    • NoSurfaceOreFeatureTests
    • OreFeatureTests
    • SingleBlockFeatureTests
  • 次のツリーを更新して、Block *の代わりにBlockDescriptorを解析して使用するようにしました
    • AcaciaTreeCanopy
    • AcaciaTreeTrunk
    • FallenTreeTrunk
    • FancyTreeCanopy
    • FancyTreeTrunk
    • MegaPineTreeCanopy
    • MegaTreeCanopy
    • MegaTreeTrunk
    • PineTreeCanopy
    • RoofedTreeCanopy
    • SimpleTreeCanopy
    • SimpleTreeTrunk
    • SpruceTreeCanopy
    • TreeHelper

俳優

  • Squidレンダリングがデータ駆動型になりました
  • すべてのタイプのトロッコがデータ駆動型になりました
  • ‘minecraft:behavior.managed_by_player’の目標がデータ駆動型になりました
  • 物理コンポーネントの「has_gravity」フィールドを使用して、Mobにナビゲーションコンポーネントがない場合に、Mobが水重力を適用するかどうかを決定するようになりました。
  • 空間帯域幅の最適化は、コンポーネント「minecraft:conditional_bandwidth_optimization」を通じて公開されるようになりました。
  • 空間帯域幅の最適化は、「minecraft:conditional_bandwidth_optimization」を使用するすべてのアクターによって利用されるようになりました
  • セレクターコンポーネントを生のテキストに追加しました。これを使用して、「tellraw」や「titleraw」などのコマンドでエンティティ名を印刷できます。
  • パスファインディングは「minecraft:scale」コンポーネントを考慮します

BrewingStand、ButtonBlock、ChestBlock、EnderChestBlock、SlabBlock、SoulSandBlockblockのタイプを更新して、パスの検索とナビゲーションを可能にしました(MCPE-47075)

アクターのプロパティを更新しました。無効で一部のバニラコンテンツに表示されていた2つのフィールドで、コンテンツエラーが発生するようになりました。「minecraft:can_fly」のフィールド「value」とプロパティ「minecraft:foot_size」は、エンティティファイルから削除するだけです。

  • ‘MoveToLiquidGoal は、ターゲットブロックにデータを使用するように変更されました
  • Striderは「move_to_liquid」ゴールを正しく実行するようになりました
  • 作られたボートは浮力コンポーネントを使用します。これを可能にするために、アクターが指定されたブロックに出入りするときに指定されたイベントを発生させる「inside_block_notifier」コンポーネントと、対応するアクターフラグを設定する「out_of_control」コンポーネントの2つの新しいコンポーネントが追加されました。
  • Drop Item ForGoalの動作を制御するための新しいデータパラメータを公開しました。これには、「seconds_before_pickup」、「cooldown」、「minimum_teleport_distance」、「max_head_look_at_height」、「teleport_offset」、および「entity_types」が含まれます。新しいActorコンポーネントのドキュメントをチェックしてください!
  • 「max_seconds_before_search」、「search_cooldown_max_seconds」、「seconds_until_new_task」など、Harvest Farm BlockGoalの動作を制御するための新しいデータパラメーターを公開しました。新しいActorコンポーネントのドキュメントをチェックしてください!
  • Minecraftの共有可能なアイテムの解析にエラーチェックを追加しました。アイテム名が無効であるか、配列が空の場合、コンテンツログを表示します

  • プレイヤーのアクティブなフォグ設定を管理するための「/ fog」コマンドを作成しました。これらのフォグ設定は、プレーヤーのカメラのバイオーム位置など、クライアントから駆動されるフォグをオーバーライドします
  • 「biomes_client.json」を更新して、各バイオームをフォグ定義識別子にリンクしました
  • 「density」オブジェクトと「media_coefficients」オブジェクトを含む子オブジェクト「volumetric」を追加しました。これらは、ボリュームフォグに使用されるデータ値を保持します

レコードアイテムコンポーネント

  • アイテムをレコードにして、ジュークボックスで音楽を再生できるようになりました
  • コンポーネント変数
    • sound_event –ゲームコードのサウンドイベントに対応する文字列値。この文字列は、音楽を再生するために、「13」、「cat」、「blocks」、「chirp」、「far」、「mall」、「mellohi」、「stal」、「strad」、「ward」のいずれかである必要があります。 、「11」、「待機」、「ピグステップ」
    • 期間– JukeBoxブロックからパーティクルが生成される長さを決定するfloat値は、サウンドイベントの長さとほぼ一致する必要があります
    • コンパレータ信号–コンパレータブロックで使用されるアナログ信号の強度を表す整数値
    • ジュークボックスブロックに追加すると、「record.chirp」のサウンドクリップが再生されます。
    • 例1:「minecraft:record」:{「sound_event」:「chirp」、「duration」:185.0、「comparator_signal」:4}

アイテム

  • Java Editionアイテムのリストと一致するように、アイテムの名前を変更しました
  • ゲーム内でアイテムがどのように修復されるかをデータ駆動するRepairableItemComponentを作成しました

アイテムは、ローカライズされた「値」で表示名を上書きできるようになりました。値が指定されていない場合、コンポーネントはデフォルト名のままになります。指定された値がローカリゼーションファイルにない場合、表示名は値の文字列になります

‘/ give’および ‘/ replaceitem’コマンドを介してアイテムに適用できるLockinInventoryコンポーネントが追加されました。これにより、アイテムがプレーヤーのインベントリから削除されたり、ドロップされたり、作成されたりするのを防ぎます。

    • 使用例: `/ give @s apple 1 0 {“ item_lock”:{“ mode”:“ lock_in_inventory”}}`
  • ‘/ give’および ‘/ replaceitem’コマンドを介してアイテムに適用できるLockinSlotコンポーネントを追加しました。これにより、アイテムがプレーヤーのインベントリのスロットから移動または削除されたり、ドロップされたり、作成されたりするのを防ぎます。
    • 使用例: ‘/ give @s apple 1 0 {“ item_lock”:{“ mode”:“ lock_in_slot”}}’
  • ‘/ give’および ‘/ replaceitem’コマンドを介してアイテムに適用できるKeeponDeathコンポーネントを追加しました。このコンポーネントは、プレイヤーが死亡したときにアイテムがドロップされるのを防ぎます
    • 使用例: ‘/ give @s apple 1 0 {“ keep_on_death”:{}}’

アイテムアイコンコンポーネント

  • アイテムに、ユーザーインターフェイスに表示するアイテムのアイコンを設定する簡単な方法が追加されました
  • コンポーネント変数
    • 「テクスチャ」:アイテムのアイコンとして使用するアイコン画像へのフルパス。デフォルトなし
    • 「フレーム」:アイコンの現在のフレームを決定するために実行時に実行されるMolangスクリプト。定数にすることができ、デフォルトは0です。
    • 「legacy_texture_id」:レガシーアイテムで使用されるテクスチャの名前。デフォルトなし
    • 「legacy_frame」:アイコンの現在のフレームを決定するために実行時に実行されるMolangスクリプト。定数にすることができ、デフォルトは0です。

アイテムの解析

  • ‘any_tag’機能がいくつかのアクターコンポーネントに追加されました。jsonでアイテムをアイテム名として表すことに加えて、タグのセットとして表すことができるようになりました
  • 例:
    • “ item”:{“ any_tag”:“ food”}
    • “ item”:{“ any_tag”:[“ food”、“ wood”]}
    • “ bribe_items”:[“ emerald”、{“ any_tag”:“ stone”}]
  • ‘any_tag’機能を使用できるようになったコンポーネントとフィールド:
    • 「minecraft:ageable」
    • ‘minecraft:breedable’breed_items
    • ‘minecraft:bribeable’ bribe_items
    • 「minecraft:giveable」アイテム
    • 「minecraft:healable」アイテム
    • ‘minecraft:tamemount’feed_itemsおよびauto_reject_items
    • ‘minecraft:equippable’ Accepted_items

技術的な変更

  • 「minecraft:item.someitem」形式のアイテム名は、「item」を必要としなくなりました。部分とそれは無視されます
  • エンティティ移動予測を追加
  • LegacyCubemapを不透明から透明に変更しました(MCPE-94275)
  • アイテムの「decrement_count」イベント応答を追加しました
  • ‘minecraft:behavior.send_event’の変更
    • ‘minecraft:behavior.send_event’は、無制限の範囲を示す値として ‘max_activation_range’の-1を使用しなくなりました。デフォルトは32に変更されました。
    • ‘min_activation_range’および ‘max_activation_range’が0未満の場合のコンテンツログ警告を追加しました
    • ‘min_activation_range’が ‘max_activation_range’より大きい場合のコンテンツログ警告を追加しました
  • ‘minecraft:behavior.summon_entity’の変更
    • ‘minecraft:behavior.summon_entity’は、max_activation_rangeの-1を無制限の範囲を示す値として使用しなくなり、デフォルトは32に変更されました。
    • ‘min_activation_range’および ‘max_activation_range’が0未満の場合のコンテンツログ警告を追加しました
    • ‘min_activation_range’が ‘max_activation_range’より大きい場合のコンテンツログ警告を追加しました
  • スクリプト関数のデフォルトの戻り値の型との違いを修正しました。これは通常の戻り値の型(IDなし)とは異なります。
  • アウトラインとレイキャスティングに使用されるAABBをオーバーライドできる新しいBlockRaycastComponentを追加しました
  • エンティティの衝突に使用されるAABBをオーバーライドできる新しいBlockCollisionComponentを追加しました
  • blockPropertiesを置き換えることができる新しいBlockPropertyComponentを追加しました:Unwalkable、Infiniburn、PreventsJumping、Immovable、BreakOnPush、OnlyPistonPush、BreaksWhenHitByArrow
  • 作成者が設定した時間範囲でブロックのイベントをトリガーする新しいBlockQueuedTickingComponentを追加しました
  • ブロックのイベントをランダムにトリガーする新しいBlockRandomTickingComponentを追加しました
  • ブロックを回転できるようにする回転コンポーネントが追加されました。コンポーネントは、軸に沿った回転のみを許可します
  • CraftingTableComponentの基本実装を追加します
    • カスタムクラフトテーブルの作成を可能にします
    • 現在、3×3グリッドのみをサポートしています

アニメーション

  • ループアニメーションの各反復間で待機する方法を制御する新しい ‘loop_delay’フィールドをスケルタルアニメーションファイルに追加しました
  • スケルタルアニメーションの「start_delay」フィールドが、アニメーションを再生する前の初期遅延とループ間遅延の両方に使用されていたバグを修正しました。

MoveTowardsRestrictionGoal

  • この目標は削除され、動作をより明確にする2つの新しい子の目標が採用されました。動作は同じですが、2つの目標に適切に分離されています

MoveTowardsDwellingRestrictionGoal

  • この目標は、Village構成の一部であるアクター向けです
  • この目標には「DwellerComponent」が必要です

MoveTowardsHomeRestrictionGoal

  • この目標には「HomeComponent」が必要です
  • アクターがホームに対して範囲内にとどまる範囲の新しいデータパラメーター「restriction_radius」を公開しました。

イベントの目標を送信する

  • 「minecraft:behavior.send_event」は、無制限の範囲を示す値として「max_activation_range」の-1を使用しなくなり、デフォルトは32に変更されました。
  • ‘min_activation_range’および ‘max_activation_range’が0未満の場合のコンテンツログ警告を追加しました
  • ‘min_activation_range’が ‘max_activation_range’より大きい場合のコンテンツログ警告を追加しました
  • 新しいjsonフィールド「look_at_target」を追加しました。これにより、エンティティがターゲットに向きを変えて向き合うことを許可および禁止します。

SetBannerDetailsFunction

  • Illager以外のバナーのカスタマイズをサポートするようになりました
  • 最大6つのパターンと色を指定できます
  • 承認されたバナータイプ
    • 「デフォルト」「illager_captain」

その他の修正

VR古生物学シミュレーターを追加しました。 PSVRで考古学を行うことができるようになりました。

PSVRのクラッシュの問題を修正しました。

ゲームがロード画面でスタックする問題を修正しました。

UI関連の修正を追加しました。

パフォーマンスと安定性の改善が追加されました。

その他のマイナーな修正。

PS4で無料のマイクラ(マインクラフト)PS4アップデート2.18をダウンロードしてください。

Advertisement
Share