Patch Notes

グランツーリスモ7 (GT7) アップデート 1.13 パッチノート

[Gran Turismo 7] グランツーリスモ7 アップデート 1.13 (1.130.000) は、まもなくPS4とPS5でロールアウトされます。公式のGT7 アップデート 1.13 パッチノートによると、最新のアップデートでは3台の新車バグ修正、パフォーマンスの向上が追加されます。これとは別に、グランツーリスモ7 パッチ 1.13(1.130)には安定性の修正も含まれています。

Advertisement

残念ながら、最後のメジャーアップデート1.12以来、プレイヤーはゲームに関する多くの問題に直面しています。今日のGT7アップデート1.13は、これらの問題のいくつかに対処します。詳細は以下をお読みください。

詳細は以下をお読みください。

Advertisement

グランツーリスモ7 アプデ 1.13 パッチノート(1.130) – 2022年4月25日

3 新車

  • スバル BRZ GT300
  • スバルBRZ
  • スズキ・カプチーノ

1.スーパーGT、2021シーズンのチャンピオンカーほか3台を追加収録

スバル BRZ GT300 ’21

スバル BRZ S ’21

スズキ カプチーノ (EA11R) ’91

2.スパ・フランコルシャン 24h レイアウトを追加収録

(全長:7004m / 最大高低差:104m / コーナー数:21 / 最大直線長:751.84m)

ヨーロッパを代表する国際サーキットのひとつ、ベルギーのスパ・フランコルシャン。今アップデートで、従来の「フルコース」 に加え、新たに24時間耐久レースで使われる「24h レイアウト」を追加しました。このふたつのレイアウトの大きな違いは、 ピット施設の場所。フルコースのターン1の先にピットが設けられており、ピットイン時は長いピットロードを走行し、ピットア ウト時は、スパで最も有名な高速S字セクションと併走したのちにケメルストレートへと合流します。ピットロードが狭く、ま た途中でカーブしているため、ペナルティが設定されたレースではホワイトラインカットに注意が必要です。

3.スケープスの特集に「合掌造りと宿場町」と「夜桜」を追加しました。

コンテンツの追加

1.クルマ
– 3台のクルマを追加収録しました。
・スバル BRZ GT300 ’21 ※ブランドセントラルで購入可能
・スバル BRZ S ’21 ※ブランドセントラルで購入可能
・スズキ カプチーノ (EA11R) ’91 ※4/26よりユーズドカーで購入可能

2.コース
– スパ・フランコルシャン 24h レイアウト を追加しました。

3.ワールドサーキット
– スパ・フランコルシャンに3つのレースイベントを追加しました。
・ヨーロピアン・サンデーカップ 500
・ジャパニーズ・クラブマンカップ 550
・ワールドツーリングカー 800

4.スケープス
– 特集に「合掌造りと宿場町」と「夜桜」を追加しました。
– オートデモに「スケープス」によるスライドショーを追加しました。

ゲームの調整および修正

1.タイトル画面
– 画面中央に「トピックニュース」が表示されるようになりました。

2.ユーズドカー
– 販売初日のクルマに「新規入庫」と表示するようになりました。

– 4/26よりHOTカーとして「スズキ カプチーノ (EA11R) ‘91」を販売開始します。

3.レジェンドカー
– 販売初日のクルマに「新規入庫」と表示するようになりました。

4.ガレージ
– 所有車リストの表示で、ワイドボディ施工を行ったクルマについては「ワイドカー」と表示されるようになりました。

– 乗り換え時にエンジン始動音が再生されるようになりました。

5.レース画面
– 制限時間制レースにおいて、残り時間の表示位置を画面中央上部に移動し、デザインを調整しました。

6.ライバルカー(AI)
– ニュルブルクリンクにおけるライバルカーの走行ラインを調整しました。

7.スポーツ
– 一部のレースイベントにおいて、ガレージカー(所有車)だけでなく、イベント専用車をレンタルしてエントリーできるようになりました。

– 「ネイションズカップ」および「マニュファクチャラーズカップ」で決勝前にムービーが再生されるようになりました。

– レース前のクイックメニューにおいて、下記の情報が表示されるようになりました。
・タイヤ摩耗倍率
・燃料消費倍率
・気温
・スタート方式
・使用義務タイヤ(設定されている場合のみ表示)
・ピットストップ義務(設定されている場合のみ表示)

– 初めて「スポーツ」に入ったとき、レーシングエチケットのムービーが再生されるようになりました。レースに参戦するにあたり、レース中のマナーなどを学ぶことができます。

– レース詳細画面を追加しました。参戦車両を選択後のエントリー画面において、右端の[レース詳細]アイコンより下記6項目が確認できます。
・基本情報
・予選の設定
・レースの設定
・ペナルティの設定
・ドライビングオプション制限
・レギュレーション

8.リバリーエディター
– [エディター設定]に[デフォルトのデカールカラー]を追加しました。[白]および[カラー履歴の最新]から選択でき、[カラー履歴の最新]にすると、追加時のデカールカラーが最近使った最も新しい色になります。

9.リプレイ
– ミュージックリプレイの曲選択時に、ジャンルとアーティストで絞り込みが行えるようになりました。

– 新規のリプレイに限り、再生中に周回送りができるようになりました。

10.カーセッティング
– セッティングシートに設定した名前が消えることがある問題を修正しました。

– パワーリストリクターの調整などによって発生するパフォーマンスポイントの不具合を修正しました。

– 特定のセッティングでパフォーマンスポイントの値が算出されないことがある問題を修正しました(※)。

※:一部の車種にハイグリップなタイヤを装着した場合等、特定の条件下においては、稀にパフォーマンスポイントが算出できない場合があります。

11.車両挙動シミュレーション

– サスペンションジオメトリの計算を更新しました。結果として、後輪駆動車のトラクションが向上し、車体の姿勢変化が穏やかになります。

– コントローラー(スティック、R2ボタン、ステアリングコントローラーのアクセルペダル)の操作ストロークと、アクセル開度の関係を調整しました。

– スティックによる操舵速度を調整しました。

– 以下のステアリングコントローラーにおいて、フォースフィードバックを調整しました。
・Fanatec® Podium
・Fanatec® GT DD Pro
・Fanatec® GT DD Pro + BoostKit

– コーナー進入時の4輪のブレーキ圧制御を調整しました。これによって、傾向として制動距離が短くなります。

12.セッティング(コントローラーセッティング)
– レースのクイックメニューおよびポーズメニューの[セッティング]>[コントローラーセッティング]から、トリガーエフェクトの強さの設定が行えるようになりました。[トリガーエフェクト1P(アクセル)]「トリガーエフェクト1P(ブレーキ)」ともに[オフ/弱い/強い]から設定できます。

– レースのクイックメニューおよびポーズメニューの[セッティング]>[コントローラーセッティング]>[コントローラー操舵スピード補正]の上限を7から10に変更しました。

13.セッティング(サウンドボリューム)
– レースのクイックメニューおよびポーズメニューの[セッティング]>[サウンドボリューム]から、サウンドにまつわる下記8項目の調整が行えるようになりました。
・レースサウンドモード(BGM&効果音バランスモード/効果音重視モード/レースBGM重視モード)
・レースBGM再生(オン/オフ)
・レースBGM(音量)
・レース効果音(音量)
・自車エンジン音(音量)
・トランスミッションノイズ(音量)
・スキール音(音量)
・他車エンジン音(音量)

14.GTオート
– オイル交換不要な車両でオイル交換可能になっていた問題を修正しました。

15.クルマ
以下4台のクルマの修正を行いました。
・ホンダ フィット Hybrid ’14:底面の一部のパーツの色をボディ色でペイントできるようになりました。
・ジープ ウィリス MB ’45:場面によって、内装のペイントが適用されないことがある不具合を修正しました。
・ホンダ シビック Type R Limited Edition (FK8) ’20:リバリーエディターで[カスタムパーツフロントタイプA]にデカールを貼ったとき、デカールのグラフィックが乱れる問題を修正しました。
・フェラーリ 458 イタリア ’09:ワイドボディを施工した状態でゼッケンを装着すると、ゼッケンのグラフィックが乱れる問題を修正しました。

オプション

  • [GTメニュー]の[オプション]>[グローバル]>[ゲーム内通知]の[プレイ中]>オプションが「オフ」に設定されている場合、ゲームが再起動するとオプションが「オン」に戻る問題を修正しました。

車の設定

  • エンジンの最大出力をパワーリミッターで調整した場合、または完全にカスタマイズ可能なトランスミッションで極端な設定や特定の操作を実行すると、パフォーマンスポイント(PP)が正しく計算されない問題を修正しました。
  • 設定シートの名前が編集後に空白になることがあるバグを修正しました。

マルチプレイヤー

  • レースを完了するとユーザーがさらに進歩できないバグに対処しました。
  • PlayStation 4システムのプレイヤーが黒い画面を表示し、PS4とPS5の両方のプレイヤーが混在してレースを開始するとコントローラの入力が機能しなくなるバグに対処しました。

  • 起動時の読み込み画面中にアプリがハングするバグを修正しました。
  • さまざまなパフォーマンスの修正を追加しました。
  • その他のマイナーな修正。

プレイステーション4とプレイステーション5で無料 GT7 アプデ 1.13をダウンロードしてください。

Advertisement
Share