Patch Notes

【Apex Legends】シーズン10パッチノート| 新キャラSeer/新武器/マップ改変

Advertisement

本日7月20日、Apex Legends(エーペックスレジェンズ)の公式サイトが更新され、新シーズンの主な内容が簡単に公開されています。詳細は今後明らかにされます。

エーペックスシーズン10パッチノート

新キャラクター:Seer(シーア)

18人目のレジェンドとなる新キャラクター「Seer(シーア)」が明らかにされました。アビリティはまだ不明ですが、マイクロドローンを使って敵をスキャンしたりするのかもしれません。たぶん男。 また、Seerの新ストーリーアニメも公開されています。公式情報ではないですが、おそらく別名は「Pariah(パリア)」です。

Advertisement

予見者の能力

  • パッシブアビリティ:ハートシーカー–照準を下に向けている間、シーアは近くの伝説の鼓動を聞くことができ、彼が彼らの場所を発見するのを助けます。
  • 戦術能力:注意の焦点– Seerはいくつかのミニドローンを解放し、遅延後、彼の前にいるすべての敵にマークを付け、回復アイテム/復活の使用を中断し、Seerとその仲間に8秒間その場所と健康状態を明らかにします。
  • 究極の能力:展示–予見者は心腔を投げ出し、球を形成する何百ものミニドローンを放出します。素早く移動したり、球体で武器を発射したりする敵にはマークが付けられ、Seerとその仲間にその位置と足跡が明らかになります。敵は、クリプトとホライゾンの究極の能力を止めるのと同じように、心腔を撃って破壊することで心腔を破壊することができます。

エマージェンス パック

新キャラクター「Seer(シーア)」のスキンとApexコインが含まれるシーズン10パックが発売します。

ワールズエッジ改変

ワールズエッジに、いくつかの大きな変化が実行されるようです。詳細は今後明らかにされます。

新武器:Rampage LMG

新しいライトマシンガンが追加されます。驚くべき火力があるそうで、ランパートの最新の発明だそうです。

凡例の変更:バフとナーフ

創発は、既存の伝説に多くのバフとナーフをもたらします。私たちが知っているものは以下のとおりです。

苛性(バフ)

  • 毎秒5ティックのダメージの代わりに、苛性ソーダのガスは1秒おきにダメージが増加します(つまり、5、5、6、6、7、7など)。増加できる量に制限はありません。
  • CausticのNoxGas Grenadeから作成されたガス雲は、5秒早く消散します。

レヴァナント(ナーフ)

  • 敵は、デストーテムの死の保護が終了しようとしているときに、可聴および視覚的な表示を受け取り、レヴァナントとその仲間が脆弱になりそうであることを知らせます。

ホライゾン(バフ)

  • 重力リフトで空中で操縦するホライゾンの能力は、次のシーズンでの彼女の実質的な神経衰弱の前に、シーズン7の状態に近づくように調整されています。しかし、それは完全な復帰ではありません。

ヒューズ(バフ)

  • ヒューズのナックルクラスターは2倍長持ちするため、エリアをより長く拒否することができます。
  • マザーロードで捕らえられた敵はハイライト表示され(建物内や壁の後ろにいる場合でも)、ヒューズとその仲間がフォローアップ攻撃を計画しやすくなります。

バトルロワイヤルマップの変更:ワールドエッジデシメート

天然資源のためにタロスを採掘するためのハモンドの継続的な努力は、出現の開始時にワールドエッジを破壊するでしょう。ハーベスターによって引き起こされた溶岩の亀裂が長くなり、破壊はマップの南部と北部の両方に及ぶように広がります。

仕分け工場は完全に破壊され、陥没穴に陥ります。ランドマークは、新しいPOI(Lava Syphon)に置き換えられます。破壊は近くの山に地滑りを引き起こし、列車基地をがれきに埋め、それを地滑りと呼ばれる新しいPOIに変換します。

アリーナマップの変更:ヒルサイド、ドーム、オアシス

シーズン10の間に、既存のキングスキャニオン、ワールドエッジ、オリンパスのランドマークに基づいたアリーナマップがローテーションされます。したがって、砲兵、サーマルステーション、および庭園でアリーナをプレイする必要はもうありません。

その代わりに、3つの新しいランドマークベースのアリーナマップが回転しています。キングスキャニオンのヒルサイド、ワールドエッジのドーム、オリンパスのオアシスです。これらの3つのマップは、Phase Runner、Party Crasher、およびOverflowと並んでArenasプレイリストローテーションに存在します。

新しい武器:暴れ回るLMG

Emergenceは、新しい重弾薬LMGである地上戦利品にRampageを追加します。ランページは、スピットファイアのより遅いがより強力なバリエーションであるという点で他のLMGとは一線を画し、理想的なミッドレンジの武器になっています。30-30リピーターやボセックコンパウンドボウのような武器と同様に、ランページは近距離で多くの脅威となるほど速く発砲しません。

センチネルスナイパーライフルと同様に、ランページは充電できます。しかし、シールドセルを使用する代わりに、Rampageはテルミットグレネードを使用します。充電されると、Rampageははるかに速く発砲し、まともな近距離の脅威になります。突進すると、手榴弾と同様に、暴れ回ってドアを簡単に破壊することもできます。

武器とホップアップの変更

エマージェンスの開始時に、プラウラーはケアパッケージから回転し、再び地上戦利品の武器になります。ただし、主砲にはバーストファイアモードしかありません。自動発砲に切り替えることはできません。

その代わりに、スピットファイアとオルタネーターの両方がケアパッケージにローテーションしています。ケアパッケージでは、スピットファイアは以前の神経衰弱状態に戻り、オルタネーターには自動的にディスラプターラウンドが装備されます。これは、シーズン2でエーペックスレジェンドに追加され、シーズン3ですぐに削除された危険なホップアップです。だった。ディスラプターラウンドはシールドに対するダメージを増幅し、最強のボディアーマーでさえ瞬間的に細断します

これらのケアパッケージの調整により、アリーナでは、プラウラーを購入できるようになり、オルタネーターまたはスピットファイアを購入できなくなります。

ホップアップに関しては、アンビルレシーバーとクイックドローの両方がエマージェンスの開始時にゲームから削除されます。クイックドローの特性は、程度は低いものの、ピストルに自動的に実装されます。

その他

新バトルパス

100種類以上の限定アイテムが入手できる新バトルパスが登場します。

ランク シーズン10

新シーズンでランクマッチが開幕します。

アリーナのランクマッチ

シーズン10からアリーナのランクマッチが開幕します。

Advertisement
Share